巻頭特集

2号連続グルメ特集後編 秋冬の味覚は すぐそこに


甘い香りで季節を感じて
素朴でおいしいフルーツパイ

アメリカでは秋といえば、リンゴやカボチャなどを用いたフルーツパイが、かかせない。忙しくて手作りができなくても、家庭の味を食べてみたい! という人には、ローワー・イーストサイドの「ピティーズ・パイ・カンパニー」がオススメ。言わずとしれた人気の店だ。

一際目を引く、大きな「PIE」の看板に反して、店内は非常に小ぢんまりとしている。甘くて芳醇(ほうじゅん)なフルーツの香りで満たされていて、足を踏み入れるだけでワクワク。木製カウンターがどことなくレトレロで、かわいらしい。

正統派アメリカンパイ

店主のピティーことペトラさんは、バージニア州でパイ専門店を開いていた両親からパイ作りの極意を受け継ぎ、当地に2014年に店をオープン。自然由来の材料と、地元ニューヨークを中心とした食材を使うことにこだわっている。評判のほろほろと崩れる生地は、オーガニックの小麦粉とニューヨーク州産のバターで出来ている。ビーガン対応のパイもあるそうだ。

強弱つけた甘さがカギ

今回の取材時のアップルパイは、ハドソンバレー産のリンゴを使用。スパイスと煮詰めた、素朴でさっぱりとしたリンゴは、日本人が好む甘さだ。温めてから、トッピングにバニラアイス(別料金、こちらも同店手製)を乗せれば、アメリカ人の「母の味」の完成!


そして同じく秋が旬のピーカンは、ブラウンシュガーとハチミツを使った濃厚な甘みが特徴。サクサクのピーカンの香りが豊かで、食べ応えも抜群だ。


その他にもチェリーやバナナ、レモンといった各種フルーツパイが充実。気さくな店員の対応も相まって、客足が絶えない。

平日は深夜まで営業している(ブルックリン店はウェブ参照)ので、近くでディナーを楽しんだ後に、立ち寄ってみてはいかが? 店内はカウンター約4席。

 

 

Petee’s Pie Company

peteespie.com
Lower East Side
61 Delancey St.
地下鉄J、Zラインのバワリー駅から徒歩3分
Brooklyn
505 Myrtle Ave., Brooklyn
Gラインのクラッソンアベニュー駅から徒歩10分

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1094

音は続くよ、どこまでも

音を楽しむと書いて「音楽」と読むがまさに今、長く続くコロナ禍で音楽が心の支えとなっている人も、多いのではないだろうか。  今号では、コロナに負けず活動を続けるミュージシャンたちを一部だが紹介していく。オンラインはもちろん、直接鑑賞できる機会も紹介。聞いて感じて、あなただけの癒やしの音を手に入れよう!

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。