巻頭特集

2号連続グルメ特集後編 秋冬の味覚は すぐそこに


甘い香りで季節を感じて
素朴でおいしいフルーツパイ

アメリカでは秋といえば、リンゴやカボチャなどを用いたフルーツパイが、かかせない。忙しくて手作りができなくても、家庭の味を食べてみたい! という人には、ローワー・イーストサイドの「ピティーズ・パイ・カンパニー」がオススメ。言わずとしれた人気の店だ。

一際目を引く、大きな「PIE」の看板に反して、店内は非常に小ぢんまりとしている。甘くて芳醇(ほうじゅん)なフルーツの香りで満たされていて、足を踏み入れるだけでワクワク。木製カウンターがどことなくレトレロで、かわいらしい。

正統派アメリカンパイ

店主のピティーことペトラさんは、バージニア州でパイ専門店を開いていた両親からパイ作りの極意を受け継ぎ、当地に2014年に店をオープン。自然由来の材料と、地元ニューヨークを中心とした食材を使うことにこだわっている。評判のほろほろと崩れる生地は、オーガニックの小麦粉とニューヨーク州産のバターで出来ている。ビーガン対応のパイもあるそうだ。

強弱つけた甘さがカギ

今回の取材時のアップルパイは、ハドソンバレー産のリンゴを使用。スパイスと煮詰めた、素朴でさっぱりとしたリンゴは、日本人が好む甘さだ。温めてから、トッピングにバニラアイス(別料金、こちらも同店手製)を乗せれば、アメリカ人の「母の味」の完成!


そして同じく秋が旬のピーカンは、ブラウンシュガーとハチミツを使った濃厚な甘みが特徴。サクサクのピーカンの香りが豊かで、食べ応えも抜群だ。


その他にもチェリーやバナナ、レモンといった各種フルーツパイが充実。気さくな店員の対応も相まって、客足が絶えない。

平日は深夜まで営業している(ブルックリン店はウェブ参照)ので、近くでディナーを楽しんだ後に、立ち寄ってみてはいかが? 店内はカウンター約4席。

 

 

Petee’s Pie Company

peteespie.com
Lower East Side
61 Delancey St.
地下鉄J、Zラインのバワリー駅から徒歩3分
Brooklyn
505 Myrtle Ave., Brooklyn
Gラインのクラッソンアベニュー駅から徒歩10分

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1179

今年も始まるホリデーシーズン とっておきのクリスマスギフトを見つけよう!

もうすぐクリスマス。ギフト選びに苦戦する人も少なくないはず。大切な人に喜んでもらえるものを、心を込めて贈りたいですよね。そこで今年人気のあるギフトの紹介からラッピング情報まで編集部がリサーチ。

Vol. 1178

知りたい! ペンステ改装計画

パンデミックの収束とともに、ニューヨークにも本格的ににぎわいが戻ってきた。今週は30年越しのリニューアル計画で活気付くペンステーションに迫る。

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!