巻頭特集

古き良きアメリカの象徴「ダイナー」特集 老舗から新形態まで

ニューヨーク市内の飲食店では9月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。(取材・文/音成映舞)


ダイナーの歴史

映画などでおなじみの「ダイナー」は、古き良きアメリカの象徴そのもの。そもそもダイナーの起源は、移動式屋台(ランチワゴン)だといわれている。

まだダイナーといわれていなかった1872年に、ロードアイランド州プロビデンスで、プロビデンスジャーナル社の社員向けに温かい食事を販売した、馬引きのワゴンが原形。

その後87年、マサチューセッツ州ウースターでトーマス・バックリーがランチワゴンの生産を開始。1906年には、ウースター・ランチカー社を設立したフィリップ・デュプリーとアーヴィン・ストッダードが、アメリカ東海岸一帯にランチワゴンを展開。さらに19世紀後半には、アメリカ東海岸北部で、座席付きのランチワゴンも現れた。

その後、ワゴンの安っぽいイメージを払拭するため、ステンレスパネルなどを用いて作られた、鉄道の豪華食堂車(写真下)が駅近くに設置され、営業するようになった。

ニュージャージーにある「サミットダイナー」は、1938年オマホニー社が製造した食堂車様式のダイナー

現在のダイナーらしい作りの内装は、ニュージャージー州ベイヨンのジェリー・オマホニーが始まりという説が有力で、同州エリザベスのジェリー・オマホニー・ダイナー社は、1917〜41年の間に2000店を製造。現在も営業を続けている店舗が、国内外に何軒も残っているという。

座席数の増加に伴い、ランチワゴンを製造していた業者たちも、より大きなプレハブ建築式ダイナーを製造するようになった。プレハブ建築式は特に、ニュージャージー州、ペンシルベニア州、ニューヨーク州に現在も多く残っている。

意外と知らない事実

ダイナーについて、皆が意外と知らない事実も調べてみた。

例えば、「ダイナー」と「ディナー」の違いについて説明しておこう。英語だと「Diner」と「Dinner」。「n」が一つ足りないだけだが、ダイナーは食事をする場所、食事をする人のことを指し、ディナーは夕食そのもののことをいう。

日本の「ファミレス」は、家族連れが入りやすい低価格のレストランチェーン展開をしている店のことを指し、ダイナーと同じ点もあるが、全く別のものだ。

また、メニューの豊富さ、そしてパンケーキやワッフルなど甘い食事と共に欠かせないコーヒーがおかわり自由というのがダイナーの魅力。「もう結構です」と言わない限り、ひたすら継ぎ足してくるので、飲み過ぎに注意しよう。

次ページからは特徴あるダイナーを紹介していく。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1114

楽しい夏こそ紫外線対策!

太陽が燦々と照りつける毎日、外で楽しく遊べる季節だからこそ、きちんとした知識を持って、紫外線対策をしたいところ。紫外線に当たることで起こるさまざまな弊害も今号できちんと把握しておこう!

Vol. 1113

ちょっとそこまで  魅惑のシティーアイランド

ブロンクスにあるシティーアイランドは、シーフードやマリンスポーツをはじめ、のんびり散歩も楽しめるという魅力的な海辺の街。知る人ぞ知るリゾート地なだけに、訪れたことがないという人も多いかもしれない。そんなシティーアイランドの見所をたっぷりご紹介!

Vol. 1112

この夏は野球アツい!

野球大国であるアメリカ。シーズン真っ最中のMLBの観戦はもちろん、ここニューヨークでは日本人チームによる草野球も盛り上がっているようだ。そんな幅広い野球の魅力を今こそ語り合おう!

Vol. 1111

いよいよ経済再開! ニューヨーク復活へ

6月24日、ついにニューヨーク州の非常事態宣言が解除された。新型コロナウイルスのあらゆる制限が解除となり、約1年3カ月ぶりに本格的に経済再開を果たしたニューヨーク。街は復活に向け着々と進んでいる。