巻頭特集

古き良きアメリカの象徴「ダイナー」特集 老舗から新形態まで

25年以上愛され続けている、カーネギーホールの並びにあるダイナー。ブルックリンという名が付いているが店舗はマンハッタンに2店舗(43rd Street店は現在、臨時休業中)ある。ブルックリンのダイナーをイメージして建てられた内装には、王道のオレンジカラーのテーブル、椅子などが並んでいる。チーズバーガーや卵料理など、どれもおいしいが、この店の名物といえば、約30センチ弱もあるソーセージを使ったホットドック。同店を訪れる機会があれば、ぜひ食べて欲しい1品だ。コメディー俳優のアダム・サンドラーのお気に入りの店としても知られていて、有名人らも訪れる同店では、座席数も多く、パーティーなどイベントでの予約も多いという。現在は、屋外・屋内席で営業中。

人気のホットドッグの中でも一番人気のチリドッグ。ほどよい辛さのチリソースに食欲も進む

【店舗情報】

212 W. 57th St.
212-977-1957
brooklyndiner.com


ソーホーグランドホテルの隣に建つ、2019年にオープンしたばかりのダイナー。ソーホーにこんなレトロなダイナーがあったのかと思うほど、雰囲気が良い。通常のメニューに加え、グルテンフリーやビーガンメニューなどを用意しており、カクテルなどのドリンクメニューも豊富。店内は映画に登場しそうな内装になっていて、まるで自分もワンシーンに出演しているような気分に。本来は24時間営業だが、新型コロナウイルスの影響で現在は、屋外・屋内共に時短営業中。

店内には、昔ながらのジュークボックスも

 

チーズをたっぷり使ったグリルドチーズサンドとトマトスープなら、屋外席でも体の芯から温まる

【店舗情報】

320 W. Broadway
212-965-3011
sohodinernyc.com


1965年にオープンした老舗ダイナー。有名紙にベストダイナーとして選ばれたこともある。オススメは、プレートも熱々なのでやけど注意な「Philly Cheese Steak」。屋外・屋内営業中で、店裏手の駐車場ではドライブインシアターも開催中。詳細は問い合わせを。

【店舗情報】

31-91 21st St., Astoria, NY 11106
718-721-3160
belairediner.nyc


2000年に開店した、ブルックリン区ウィリアムズバーグにある小さなダイナー。食堂車を再利用した内装で、レトロな雰囲気が魅力。地元農家の食材を使用するなど、メニューにもこだわりが。現在はインドアも再開し、屋外・屋内で営業中。

【店舗情報】

85 Broadway, Brooklyn, NY 11249
718-486-3077
dinernyc.com


勝手ダイナーシェーク選手権!

ダイナーといえば、店オリジナルのシェークも忘れてはならない。今回、試飲したシェークを勝手にランキングにしてみた。

1. Lexington Candy Shop

オーナーが「ニューヨーク1番のシェーク」と豪語するだけあって、ちょうど良い甘さが満点評価!ミルクシェークはもちろん、ストロベリー味も人気。


2.Soho Diner

ストロベリーは果肉感があり、抹茶は本来の味とは別物だが、どちらもさっぱり大人の味。甘すぎが苦手な人にオススメ。


3.Tick Tock Diner

NYとNJにある昔ながらのダイナー(ticktockdinerny.com)。王道の甘さだが、少々物足りないかも…。


<おまけ> シェークにはフライドポテト

揚げたてのフライドポテトを軽く浸す程度に付けて食べると、甘じょっぱさがクセになる。ジューシーな牛肉を頬張った後、甘いシェークを飲むという、チーズバーガーとのセットは鉄板!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1121

秋から楽しむ ホットカクテル

秋風が吹き始め、ここから一気に冬へと向かうニューヨーク。そんな時、肌寒さをほんわか癒やしてくれるのが燗酒だ。今号では、心も体も温まる燗酒の楽しみ方と魅力、そして自宅で作れるホット酒カクテルを紹介する。

Vol. 1120

知っておこう マリファナ基礎知識

今年3月より、ニューヨーク州でマリファナの使用が合法化された。これにより今後免許保持者の自家栽培や許可された公共の場での吸引が可能になる。アメリカで拡大するマリファナ市場。注意点も含め、まずは正しい基礎知識を身に付けよう。

Vol. 1119

コミュニティーガーデン探訪

摩天楼や住宅街の一角にひっそりと佇む緑の園。今号では、時代の荒波を生き抜いてきたコミュニティーガーデンの歴史と現在の姿を紹介する。

Vol. 1118

舞台再開! 再始動する日本人パフォーマーたち

劇場の灯が消えて1年半、ニューヨークの劇場が戻ってくる。ブロードウェーやメトロポリタンオペラ、カーネギーホールなどの劇場再開とともに、小・中劇場やコミュニティーに根ざすアーティストたちも、新たな決意を胸に再始動しつつある。ニューヨークで頑張る日本人パフォーミングアーティストたちに取材した。