巻頭特集

古き良きアメリカの象徴「ダイナー」特集 老舗から新形態まで

ニューヨーカーからされ老舗ダイナー

1925年にオープンし、今年95周年を迎える「レキシントン・キャンディー・ショップ」。オーナーのジョン・フィリスさんは、祖父、父からの伝統を守り営業を続ける、同店の3代目オーナー。アッパー・イースト・サイドの近隣住人に愛される同店でジョンさんに話を聞いた。

あと5年で100周年

店内は屋内席のテーブルが五つとカウンターだけだが、どこか懐かしく、なぜか心地よい雰囲気。伝統の味を守り、歴史の数だけさまざまな客も訪れている。

「祖父が開店した当時からずっと、少数の従業員で営業を続けています。いつものご近所さんも来ますが、ポール・マッカートニーやブルース・スプリングスティーンなど、有名スターが来たこともありますし、美しい女優さんが来店したり、思い出はたくさんありますね」

壁に飾られた、たくさんの写真がそれを物語る。

レキシントンアベニュー83丁目に大きく「95 years」と書かれた看板が掲げられた、「レキシントン・キャンディー・ショップ」入り口

新型コロナの影響は
想像以上の打撃

さまざまなジャンルのレストランが多く存在しているニューヨークでは、ジョンさんのように家族経営の店も多いが、今回の新型コロナウイルスの影響は予想以上だったようだ。

「長い歴史の中で数多くのレストランがニューヨークに誕生し、営業を続けています。しかし、今回の新型コロナウイルスの影響は想定外でした。ほとんどの店は消えてしまったし、残っている店も辛い状況です。95年も経営していれば、ビジネスにはいい時も悪い時もありましたが、今までで一番売り上げが落ちこんでいますね」とジョンさん。

そうした中で、3月の非常事態宣言が出た後も休まず営業を続けた。

「われわれは1日も店を閉めずに、近隣住人のためにもデリバリーとテークアウトだけで乗り切りました。今はガイドラインに沿って屋外と屋内で営業し、デリバリーとテークアウトも継続しています」

NYイチのミルクシェーク

店の名物といえば「ミルクシェーク」。特別な隠し味があるのかと尋ねると「それは教えられないよ」とほほえむジョンさん。

「うちのミルクシェークはニューヨークで1番、アメリカ国内でも5番に選ばれたことがあります。シェークマシンは80年も使い続けているんです。この機械も、もちろん秘密がいっぱいですよ」

この店を訪れたら、ぜひミルクシェークとチーズバーガーをセットで注文してほしいそう。「まさに、クラシックアメリカン」と、ジョンさんは笑顔で語った。

カウンター前では、常連客がいつも立ち寄り、コーヒーや料理を買いながらオーナーと世間話を楽しんでいる

 

人気のシェークを作るシェークマシンは、1940年からの年代物

 

ミルクシェークと相性抜群のチーズバーガーは、シンプルながらもハズレがない絶対のおいしさ

 

3代目オーナーのジョンさん

【店舗情報】

Lexington Candy Shop

1226 Lexington Ave.
212-288-0057
lexingtoncandyshop.com


にもあるあるオススダイナー

1959年に、MTA地下鉄の顔である「ミスサブウェイズ」に選ばれたエレン・ハート・スターム。結婚後、79年に市庁舎の向かいにオープンした「エレン・カフェ」は、喫煙と禁煙席を分けた初の飲食店といわれている。その後、タイムズスクエアに現在のダイナーをオープンした。同ダイナーでは、ブロードウェーの舞台を目指す若者たちが店員として働き、給仕の合間に歌を披露するのが恒例となっていて、観光客に人気だ。

新型コロナウイルスの影響で3月に発令された厳戒令から休業していたが、今月、屋内飲食が許可され営業も再開。ちなみに、誕生日などの記念日に来店予定の場合、歌のリクエストを事前に行うことも可能(ただし、要望が叶わない場合もあるので要相談)。詳細はウェブサイトを確認。

マッケンチーズがあふれ出るほど入った、同店人気の「Yankee Doodie Burger」(写真上下共に2020年3月撮影)

 

ブロードウェースターを目指し、毎日客を盛り上げる店員たち。現在はコロナ対策としてフェースシールドを付けて歌っている

【店舗情報】

1650 Broadway
ellensstardustdiner.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1121

秋から楽しむ ホットカクテル

秋風が吹き始め、ここから一気に冬へと向かうニューヨーク。そんな時、肌寒さをほんわか癒やしてくれるのが燗酒だ。今号では、心も体も温まる燗酒の楽しみ方と魅力、そして自宅で作れるホット酒カクテルを紹介する。

Vol. 1120

知っておこう マリファナ基礎知識

今年3月より、ニューヨーク州でマリファナの使用が合法化された。これにより今後免許保持者の自家栽培や許可された公共の場での吸引が可能になる。アメリカで拡大するマリファナ市場。注意点も含め、まずは正しい基礎知識を身に付けよう。

Vol. 1119

コミュニティーガーデン探訪

摩天楼や住宅街の一角にひっそりと佇む緑の園。今号では、時代の荒波を生き抜いてきたコミュニティーガーデンの歴史と現在の姿を紹介する。

Vol. 1118

舞台再開! 再始動する日本人パフォーマーたち

劇場の灯が消えて1年半、ニューヨークの劇場が戻ってくる。ブロードウェーやメトロポリタンオペラ、カーネギーホールなどの劇場再開とともに、小・中劇場やコミュニティーに根ざすアーティストたちも、新たな決意を胸に再始動しつつある。ニューヨークで頑張る日本人パフォーミングアーティストたちに取材した。