クラフトビール好きの輪が広がる乾杯コラム

今日もビールがうまい! クラフトビール好きの輪が広がる乾杯コラム <Vol.25>

本場アメリカのブルワリー&ビア・バー巡り

米国にはブルワリーと呼ばれるクラフトビール醸造所が多く存在する。国内においてブルワリーの数は9,200以上(※1)、ニューヨーク州だけでも440以上あり、大手ビールメーカーにまで成長した醸造所もあれば、地元の人々に長年愛されているような小さな醸造所もある。そんなビールの歴史と奥深さを探求し、ニューヨークを中心に注目のブルワリー&ビアバー紹介していく。

(※1)アメリカ・ブルワーズ・アソシエーション調べ/www.brewersassociation.org


今回、クイーンズ区はハンターポイント地区に昨年誕生したフォーカル・ポイント・ビア・カンパニーを訪れた。最近、同エリアは開発が密かに進んでおり、20代〜40代をターゲットにしたおしゃれでトレンディーなバーやレストランなどが続々とオープンしている注目のスポットでもある。

同ブルワリーのタップルームは、広々とした店内と開放感のあるテラス席、そして隣接するメキシカンレストランと行き来できるバックヤード席が設けられており、とにかく広い。客層はさまざまで、パソコンと向き合う人もいれば、犬を連れたグループや、子連れのファミリーなどまさにサードプレイスを感じさせる雰囲気。

 

「モルトフォワード」系からブレーキンググランドという、琥珀色のアンバーエールビール。豊かな香りと深い味わい

「IPA+ホッピー」からカーブユアエゴというホップの苦味が柑橘系のフルーティーな味わいを感じさせる

常時15種類あるクラフトビールは、飲みやすくアルコール度数も低めの「ライトボディー+クラシャブル」系をはじめ、麦芽の特徴を生かした深みのある味が特徴の「モルトフォワード」系、フルーティーな味わいの「サワー」系、強い酸味と独特の甘味の「ベルギー+ファームハウス」系、クセになるホップの苦味と、7%前後とアルコール度数がやや高めの「IPA+ホッピー」系のビールと種類別にバーカウンターのスクリーンに表示されおり、初めて訪れる人でもオーダーしやすい。

 

同ブルワリーの人気のマーチにビーニーが登場

地元アーティストによるスケートボードのアート作品を販売。存在感のあるアートは1作品600ドル〜1000ドル前後する

またフレンドリーなスタッフに聞けば、おすすめや新作ビールなどを丁寧に教えてくれるのも嬉しい。新しいクイーンズに出会えるかもしれない。


不定期で子供バレエ教室やスタンドアップコメディーなどユニークなイベントも要チェック!

Focal Point Beer Co

43-50 12th St., Queens, NY 11101

focalpoint.beer

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。