巻頭特集

2号連続グルメ特集後編 秋冬の味覚は すぐそこに

 

こんな味付けもアリなのか!
ムール貝を楽しく食べる

カキ(オイスター)やムール貝は、Rの付く月が食べごろとされている。そんな訳で、本格的な貝のシーズンは9月(September)から始まる。オイスターバーは市内のあちこちに名店があるので、今回はムール貝の方に焦点を当ててみよう。

食べ比べる20種超

ウェストビレッジで10年以上続く人気店「フレックス・マッスル」は、平日夜でも予約が埋まるほど、連日人が絶えない盛況ぶり。

ここでは鍋いっぱいのムール貝を、実に約21種類(!)の味付けで食べられるのが最大の特徴。パエリアの具材になった状態や、白ワイン煮のムール貝しか知らない人は、案外多いのでは?

同店で使用するのは、PEIこと、カナダのプリンスエドワード島産のムール貝。プリプリで甘みがある身の部分は小ぶりだが、スープをたっぷり吸っていて、一粒でも満足度が高い。

今回は、ちょっと変わった味を試してみた。イカとガーリックの味わいが赤ワインベースのスープにしみた「イタリアン」は、サラサラでさっぱりしたソースがムール貝のコクとマッチ。ココナツカレーのブロスにレモングラス、ライム、パクチーという組み合わせの「タイ」は一見奇妙だが、意外とムール貝と違和感なくなじんだ。

一つ、また一つと伸ばす手が止まらず、無心で食べ続けてしまう。気が付いた時には、目の前のボウルに殻の山! それでも残ったスープは、パンに浸して楽しむ。ここでもムール貝のコクがいい仕事をしている。

 

 

 

貝の王様も忘れずに

ちなみに同店はオイスターバーも提供。日によって品ぞろえは異なるが、取材時は先述のプリンスエドワード島産の3種と、西海岸沿いで取れた3種が入荷。甘さが際立つ「クマモト」、塩辛さにアルコールが欲しくなる「ラッキーライムズ」など、東海岸近郊の味の違いを楽しもう。



Flex Mussels

flexmussels.com
West Village
154 W. 13th St.
地下鉄1、2、3ラインの14ストリート駅から徒歩2分
Upper East Side
174 E. 82nd St.
地下鉄4、5、6、M、Q、Rラインの86ストリート駅から徒歩5分

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1094

音は続くよ、どこまでも

音を楽しむと書いて「音楽」と読むがまさに今、長く続くコロナ禍で音楽が心の支えとなっている人も、多いのではないだろうか。  今号では、コロナに負けず活動を続けるミュージシャンたちを一部だが紹介していく。オンラインはもちろん、直接鑑賞できる機会も紹介。聞いて感じて、あなただけの癒やしの音を手に入れよう!

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。