巻頭特集

2号連続グルメ特集後編 秋冬の味覚は すぐそこに

 

こんな味付けもアリなのか!
ムール貝を楽しく食べる

カキ(オイスター)やムール貝は、Rの付く月が食べごろとされている。そんな訳で、本格的な貝のシーズンは9月(September)から始まる。オイスターバーは市内のあちこちに名店があるので、今回はムール貝の方に焦点を当ててみよう。

食べ比べる20種超

ウェストビレッジで10年以上続く人気店「フレックス・マッスル」は、平日夜でも予約が埋まるほど、連日人が絶えない盛況ぶり。

ここでは鍋いっぱいのムール貝を、実に約21種類(!)の味付けで食べられるのが最大の特徴。パエリアの具材になった状態や、白ワイン煮のムール貝しか知らない人は、案外多いのでは?

同店で使用するのは、PEIこと、カナダのプリンスエドワード島産のムール貝。プリプリで甘みがある身の部分は小ぶりだが、スープをたっぷり吸っていて、一粒でも満足度が高い。

今回は、ちょっと変わった味を試してみた。イカとガーリックの味わいが赤ワインベースのスープにしみた「イタリアン」は、サラサラでさっぱりしたソースがムール貝のコクとマッチ。ココナツカレーのブロスにレモングラス、ライム、パクチーという組み合わせの「タイ」は一見奇妙だが、意外とムール貝と違和感なくなじんだ。

一つ、また一つと伸ばす手が止まらず、無心で食べ続けてしまう。気が付いた時には、目の前のボウルに殻の山! それでも残ったスープは、パンに浸して楽しむ。ここでもムール貝のコクがいい仕事をしている。

 

 

 

貝の王様も忘れずに

ちなみに同店はオイスターバーも提供。日によって品ぞろえは異なるが、取材時は先述のプリンスエドワード島産の3種と、西海岸沿いで取れた3種が入荷。甘さが際立つ「クマモト」、塩辛さにアルコールが欲しくなる「ラッキーライムズ」など、東海岸近郊の味の違いを楽しもう。



Flex Mussels

flexmussels.com
West Village
154 W. 13th St.
地下鉄1、2、3ラインの14ストリート駅から徒歩2分
Upper East Side
174 E. 82nd St.
地下鉄4、5、6、M、Q、Rラインの86ストリート駅から徒歩5分

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1121

秋から楽しむ ホットカクテル

秋風が吹き始め、ここから一気に冬へと向かうニューヨーク。そんな時、肌寒さをほんわか癒やしてくれるのが燗酒だ。今号では、心も体も温まる燗酒の楽しみ方と魅力、そして自宅で作れるホット酒カクテルを紹介する。

Vol. 1120

知っておこう マリファナ基礎知識

今年3月より、ニューヨーク州でマリファナの使用が合法化された。これにより今後免許保持者の自家栽培や許可された公共の場での吸引が可能になる。アメリカで拡大するマリファナ市場。注意点も含め、まずは正しい基礎知識を身に付けよう。

Vol. 1119

コミュニティーガーデン探訪

摩天楼や住宅街の一角にひっそりと佇む緑の園。今号では、時代の荒波を生き抜いてきたコミュニティーガーデンの歴史と現在の姿を紹介する。

Vol. 1118

舞台再開! 再始動する日本人パフォーマーたち

劇場の灯が消えて1年半、ニューヨークの劇場が戻ってくる。ブロードウェーやメトロポリタンオペラ、カーネギーホールなどの劇場再開とともに、小・中劇場やコミュニティーに根ざすアーティストたちも、新たな決意を胸に再始動しつつある。ニューヨークで頑張る日本人パフォーミングアーティストたちに取材した。