ニューヨーカーが使う自然な英語

〈第24回〉「無理しないでね」は英語でなんて言う?

~New Yorker’s English Expressions~
ニューヨーカーが使う自然な英語

日常生活の中で相手を思いやるときによく使う「無理しないでね」の一言。伝える相手が病気なのか、多忙なのかによって、掛ける言葉も少し変わってきます。シーン別に、適切な「無理しないでね」の表現を学びましょう。


1 体調を崩している人への「無理しないでね」

病気で学校や会社を休んでいる人へ、心配の気持ちを込めて伝えるときに使う。

– Take some time to rest up.( しっかり休んでください。)

– Take it easy for a few days until you feel better.( 回復するまで数日は無理しないでね。)

– Take care of yourself.( お体ご自愛くださいね。


2 忙しくしている人への「無理しないでね」

働きすぎて疲れている同僚や、仕事や勉強を頑張りすぎている友人に声をかけたいときに使う。

– Don’t overdo it.( 働きすぎないでね。)

– Please don’t push yourself.( 無理に働きすぎないでください。)

– Don’t be too hard on yourself.( 自分に厳しくしすぎないで。)


3 相手に義務感を与えない「無理しないでね」

何かをお誘いした相手に「来れたら来てね」と伝えるなど、相手にプレッシャーを与えず思いやるときに使う。

– Don’t feel obligated to arrive early.( 無理して早く到着しなくてもいいよ。)

– If you’re busy, please don’t feel obligated to come.( 忙しければ、来なくても大丈夫だよ。)

– Don’t feel any pressure to drink alcohol.( お酒を飲まなくてもいいですよ。)


その他の使える単語&フレーズ

・Don’t wear/stress yourself out!( 自分自身を疲れさせないで!)

・Don’t force yourself!( 自分に無理させないで!)

・No pressure!( プレッシャーを感じないで!)


【監修】ジェニファー・ストロング講師(Strong English Services) www.strongenglishservices.com
23年間の経験と資格を持つNY州のESL教師。自宅、オフィス、ビデオチャットから簡単に英語を学習可能!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。