巻頭特集

2号連続グルメ特集後編 秋冬の味覚は すぐそこに

おまけ★
秋冬の定番ドリンクを飲んでみよう

Apple Cider


秋の農場やファーマーズマーケットには必ずと言っていいほどあるのが、アップルサイダー。名前だけだと炭酸飲料のように聞こえるが、米国では無添加で生しぼりのリンゴジュースのことを指す。リンゴの収穫シーズンならではのごちそうだ。また、これをドーナツ生地に練りこんだ「アップルサイダー・ドーナツ」も
秋の風物詩として子供に大人気。

 

Eggnog

厳密にはクリスマス時期の飲み物だが、近年は10月ごろからチラホラと街角で見掛けるようになった。卵黄、砂糖、牛乳に、バーボン(あるいはラム、コニャック)やナツメグ(またはシナモン)を合わせたアルコール飲料で、飲むと体がポカポカに。タイム誌によれば、1700年代ごろから、アメリカでの冬の祝日の定番ドリンクになったのだとか。ちなみに、ジョージ・ワシントンがこだわりレシピを残していたことでも知られている。

 

Irish Coffee

アツアツのブラックコーヒーに砂糖とアイリッシュウイスキーを加え、上にホイップクリームをオン。アイルランドのジョー・シェリダンというシェフが、人々を温めようとウイスキーをコーヒーに入れたのが最初だといわれている。ニューヨークでも人気は健在で、市内のバーだと、デッドラビット(deadrabbitnyc.com)の提供するものが評判だ。

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1094

音は続くよ、どこまでも

音を楽しむと書いて「音楽」と読むがまさに今、長く続くコロナ禍で音楽が心の支えとなっている人も、多いのではないだろうか。  今号では、コロナに負けず活動を続けるミュージシャンたちを一部だが紹介していく。オンラインはもちろん、直接鑑賞できる機会も紹介。聞いて感じて、あなただけの癒やしの音を手に入れよう!

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。