巻頭特集

今さら聞けないクラブのこと

クラブナイトの楽しみ方あれこれ

音楽を楽しむ

 

クラブには、特定の音楽ジャンルを専門にしているものもある。EDMは流行こそ落ち着いてきたが、逆にEDMばかり好んで掛けるクラブはあるし、中にはさらに限定した音楽テーマで勝負するところもある。

例えばライブハウス「SOB’s」(sobs.com)のイベントはカリビアン音楽がメインで、アジア人の観客はなかなかレア。しかし、独特のノリの良さや盛り上がり方で、カリビアン文化を知らずとも楽しめる。

一方、タイムズスクエアのレストラン2階で開催される「レトロクラブNYC」は、1970〜90年代の懐メロだけを扱う、ユニークなクラブ。客の年齢層は高めだが、その分、物腰もエレガント。束の間の青春を取り戻した大人たちの、華麗なステップは必見だ!

ドリンク片手にくつろぎたい人は、ホテルのラウンジやルーフトップのDJナイトがオススメ。音楽もゆったりしたラウンジ系が多く、おしゃべりを楽しむにも邪魔にならない。特に、ルーフトップで夜景を見ながらのひとときは、観光客にも喜ばれること間違いなし。次ページのリストも参照にしてほしい。

 

Retroclubnyc
694 8th Ave., 2nd Fl.
retroclubnyc.com
instagram:@retroclubnyc
毎週金・土曜日に開催。入場料10ドル

 

 

ダンスを楽しむ

 

クラブハウスやDJ(音楽)ではどうもピンと来ない、という人は、いっそ「リズムに乗ること」を重点に置いてみてはいかが?

ブルックリン在住のDJ、ターシャ・ブランクさんが定期開催している「ザ・ゲット・ダウン」は、ブルックリンのイベントスペースを転々としているダンスイベント。「明日のことは考えずに踊り、翌日は早起きしよう(”dance like there’s no tomorrow, get up early the next day.”)」という不思議なスローガンの通り、この手のイベントにしては早めの午後6時に始まり、午後10時に終わる。会場に着いたらスマホもアルコールも脇に置いて、みんなと全力でダンス! 踊りが苦手でも大丈夫、誰もそんなことは気にしない。

ターシャさん主催のやや大規模なホームパーティーといった雰囲気で、スタッフも参加者も気さくでオープンマインド。酒を飲まない、あるいはクラブの空気にやや不慣れという人にもなじみやすく、日ごろのストレス発散にぴったり。誰でもウェルカムな、ブルックリンという街の雰囲気を反映しているイベントだ。

 

The Get Down
thegetdownnyc.com
instagram:@thegetdownparty
不定期開催。次回開催は10月24日(木)、会場は未定。
入場料は通常、前売り25ドル

 

 

無音のクラブ会場で踊る!?
サイレントディスコに行ってみよう

DJのパフォーマンスにあわせて、集まった人々がノリノリで踊りながら歌っている。一見普通のクラブナイトだが、耳をすましても会場内に音楽は聞こえない。これって謎の儀式−−などではなく、「サイレントディスコ」という新形態のクラブイベントだ。

参加者は無線ヘッドフォンを装着して、そこから流れる3人のDJのライブ音楽の中から、好きなものをチョイス。目の前の人と同じ空間を共有しつつ、それぞれが別の音楽で踊る、という何とも新感覚な体験だ。近隣への騒音や会場設備の制限が少ないため、さまざまな企業パーティーや公共イベントで導入されつつある。

現在、ジャピオン読者限定で、10月開催のサイレントディスコがいずれも半額になるキャンペーンを実施中。プロモコード「Japion50」を入力! (quietevents.com)


【直近で注目のNYスケジュール】
5日(土)10pm- NYC Penthouse Silent Disco($20-)
12日(土)10pm- Exclusive Rooftop Dance Party w/ Open Bar($50-)
18日(金)10pm- Beer Garden Silent Disco Party($15-)
31日(木)5:30pm- NYC Halloween Parade – We’re in the Parade!($20-)

 

 

【おまけ】

大人向けの「あの遊び」も覗いてみる?

DJ JapaneseDeeさんが読者にぜひ一度挑戦してもらいたい、もう一つのクラブの形態が、ストリップクラブ。アメリカでは、結婚前に同性の友人同士で企画するバチェラー(バチェロレット)パーティーでの定番スポットでもある。アウトローなイメージがあるが、無防備な女性ダンサーを守る観点から、実は他のクラブよりも警備が厳重で、治安維持に注意を払っているそうだ。特に女性客は、安全に利用できるとのこと。また状況によっては入店を断られるダンスクラブと異なり、基本的に料金を払えば入場できる場所がほとんど。一生に一度は行ってみる?

 

ページ: 1 2 3 4

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1041

自由気ままに
デトックス

年末も近くなり、何かと忙しいこの季節。2019年を最後まで楽しむために、体の不調やストレスは今のうちに排除しよう!今号は、気軽に立ち寄れる市内のリラクゼーションスポットを探訪。

Vol.1040

読者ランナーを一挙紹介!
NYCマラソンを見る。

NYジャピオンは、今年もニューヨークシティーマラソンを応援します!レースの基礎情報から、知っていると得する応援の豆知識、そして5区を駆け抜ける読者ランナー太刀を一挙に紹介。(文/南あや)

Vol.1039

ジェネレーションZ が
経済を動かす!

「ジェネレーションZ」(略称=Z世代)という言葉を耳にしたことがあるだろうか?今、この若い世代の勢いが止まらない!数年後にはアメリカ最大の消費者層となると言われている彼らの正体・生態を、今号で勉強使用!(取材・文/菅礼子)

 

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)