プロスポーツから見る経営学

第 91 回 圧倒的な存在感を増す女子スポーツ

今年、一大旋風を起こした大学生プレーヤー

アイオワ大学女子バスケットボールチームのスタープレーヤーであるケイトリン・クラーク選手は、大学バスケットボールキャリアで数多くの記録を樹立しました。彼女は、いくつかのハイスコア・リング・ゲームを記録しており、アイオワ大学女子バスケットボールチームのプレーヤーによって単一ゲームで最多得点を記録しています。得点の才能に加えて、クラーク選手は卓越したスリーポイントシューティング能力でも知られており、アイオワ大学でシーズンで最多スリーポイント記録も樹立しました。

クラーク選手の才能は得点にとどまらず、プレーメイキングでも優れており、アイオワ大学でシーズン最多アシストの記録も樹立。彼女の卓越したパフォーマンスは、全米の注目を集め、ネイスミス賞やジョン・R・ウッデン賞などの栄誉ある賞を受賞する、またファイナリストとしてノミネートするなど(本原稿執筆時、ネイスミス賞は未発表)、国内で最高の大学バスケットボールプレーヤーに贈られる賞に名を連ねました。クラーク選手はNCAAトーナメントでは残念ながら準優勝でしたが、歴史的なパフォーマンス記録も達成しました。クラーク選手のコートでの影響は計りしれません。

多方面で巻き起こるクラーク旋風

クラーク選手のパートナーであるナイキ社はクラーク選手がNCAAの歴代男女最多得点記録を樹立した直後、彼女の新しいコマーシャルを全てのSNSアカウントを通して発信しました。また、「何世代にも渡り保持されてきた記録を破る選手は一世代に一人います」というコメントと共にクラーク選手を祝福するアパレルもリリースしました。それは、世界的なアイコンであるレブロン・ジェイムズ、セレナ・ウィリアムズ、タイガー・ウッズ、またはクリスチアーノ・ロナウドに匹敵するものでした。

彼女の偉業の影響はここで止まりません。米国女子プロバスケットボール(WNBA)ドラフト会議(未開催・4月16日現在)で最も注目される選手になることは間違い無いのですが、クラーク選手はWNBAからだけでなく、ラッパーそして音楽プロデューサーとして有名なアイス・キューブ氏によって設立されたBIG3というプロの3対3のバスケットボールリーグで、そこから500万ドル(推定)という破格のオファーを受け取りました。このリーグは、元NBAのスター選手たちが競技し、エンターテインメントと革新を重視。リーグの試合は半面のコートで行われ、10週間にわたって開催されます。

伝統的なバスケットボールのルールに加えて、4ポイントショットなどの革新的なルールを導入したり、男性スポーツで初めて女性コーチを起用したり、黒人所有のビジネスとして認定されたりするなど、多様性と包摂性にも力を入れています。クラーク選手はBIG3で大きな成功を収めることができる、世代を超えたアスリートとしての評価も得ているのです。

障壁を打ち破る女子アスリート

BIG3は、WNBAとの兼ね合いで最大10 試合であればプレーできるのではないかと噂されており、クラーク選手の代理人はクラーク選手が両リーグに参加できるかどうかをWNBAに確認している最中であることをコメントしました。WNBAの2022年度平均年俸が約10万ドルということを考えるとBIG3のオファーが如何に破格であるかが理解できます。

WNBAのレギュラーシーズンは5月に始まり、プレーオフは9月下旬に始まります。BIG3シーズンは6月半ばから8月半ばまでです。

このように、一アスリートの枠を超えた逸材として注目を一身に集めるクラーク選手、ESPNの発表によると3月25日に行われたNCAAトーナメントでのウエストバージニア大学戦は490万人の視聴者を集め、ピーク時には640万人の視聴者を記録しました。

クラーク選手は、コメントで以下のように述べています。「あなたたちなしではなり得ません。これは特別なことです。あなたは女子バスケットボールや女子スポーツ全般に対してどのように関わっているか私には分かりませんが、あなたたちは今、改革を起こしているのです。」

女性アスリートの活躍というフレーズにとどまらない新星スターが誕生し、これからの活躍からますます目を離すことができません。

 

中村武彦

青山学院大学法学部卒業後、NECに 入社。 マサチューセッツ州立大学アマースト校スポーツマネジメント修士課程修了。メジャーリーグサッカー(MLS)、FCバルセロナなどの国際部を経て、スペインISDE法科学院修了。FIFAマッチエージェント資格取得。2015年にBLUE UNITED CORPORATIONを設立。東京大学社会戦略工学部共同研究員や、青山学院大学地球社会共生学部非常勤講師なども務める。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。