巻頭特集

コロナウイルスと 戦うニューヨーク

誰もが先を読めない、未知の事態。不安な日々を過ごしつつも、徐々に病気への緊張感は薄れてきているようだ。ニューヨーク市でも自粛解除が間近に迫っている今、改めてコロナウイルスのことを考えよう。


NY日系団体からのメッセージ

在ニューヨーク日本国総領事館

総領事・大使  山野内勘二さん

NYジャピオンの発行再開を心より歓迎し、祝福いたします。新型コロナが引き続き生活に大きな困難を及ぼしている状況下、NYジャピオン再開は、われわれ読者全員にとって大きな励みです。当地での経済再生と日本コミュニティーの団結に、貴社は重要な役割を果たしています。総領事館も在留邦人の皆さまに寄り添って、引き続き尽力して参ります。(ny.us.emb-japan.go.jp)


ニューヨーク日系人会(JAA)

事務長  野田美知代さん

いかがお過ごしですか? 安全で健康な毎日をお過ごしください。JAAのモットー「助け合って100年」にのっとり、「PROJECT BENTO」で200人近いシニアにお弁当を届けています。ボランティアが作ったマスクを必要な人に送り、無料の電話法律相談室も開設しています。この緊急事態を皆さんと一緒に乗り越えたいと思っています。元気な姿でJAAでお会いしましょう! ご心配なことは何時でもご連絡ください。(jaany.org)


日本クラブ

事務局長代行/ニューヨーク日本商工会議所(JCCI)
専務理事代行  前田正明さん

日本クラブでは、フロントラインで命をかけて戦っている医療従事者の方々に、無償でお弁当を差し入れするプロジェクト「NYの医療チームへお弁当を届けよう!」が、皆さまのサポートのおかげで現在進行中です。幾多の試練に耐え、乗り越えてきたニューヨークです。さらに強く生まれ変わると信じて、これまで以上に尊厳や愛、思いやりを持って一緒に前進していきましょう。(nipponclub.org)


ジャパン・ソサエティー(JS)

理事長  ジョシュア・W・ウォーカーさん

新型コロナウイルスの影響でさまざまな試練に直面されているNYジャピオン読者の皆さま、心よりお見舞い申し上げます。JSは、オンライン上で活動を継続しています。9.11後のニューヨークや3.11後の日本が示してきた回復力を今、皆さまと共に力を合わせて発揮し、ニューヨークが世界の「希望の光」となるよう、一緒に頑張りましょう!(japansociety.org)

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。