巻頭特集

コロナウイルスと 戦うニューヨーク

現場の生の声を聞こう  コロナと戦う医療従事者たち

ブルックリンにある、NYCヘルス+ホスピタル(ニューヨーク市立病院)/ウッドハルに勤務する、エドワード・リッペさんと井上小百合さん(共に内科研修医1年目)に話を聞いた。

〈編集注=この取材は5月中旬に行ったものです〉

——現在の勤務状況は?

エドワード1日12時間勤務で、3日勤務(昼夜いずれか)1日休み。ICU(集中治療病棟)やPCU(緩和ケア病棟)勤務です。

小百合ピーク時に救急病棟に仮設された集中治療室(ICUに収容しきれない重篤患者を一時収容する)とコロナ病棟勤務を経て、新設したコロナ・フリーのフロアで働いています。

エドワードピーク時は慢性病などの患者もあまり見かけず、ひたすらコロナ患者の対応に追われました。今、コロナ以外の入院患者が増えて、「そうだ、コロナ以外の病気もあったんだ」と気付かされるくらい。

——ピークはいつ頃?

エドワード最初のコロナ患者が2月最終週に運ばれて来て、3月中旬から一気に数が増えました。ピークは4月初週だったかな。

小百合ICUを急きょ三つ増やしましたが、人手不足で余裕がなかった。

エドワード米国海軍が支援してくれたこともあり、今は鎮静化しましたが、7、8月の勤務体制が全く読めないのが不安です。この先1年は正常には戻らないんじゃないでしょうか。

——今回のパンデミックで、一番辛かったことは?

エドワード医療従事者への感染拡大を防ぐ目的で、一部の施術が制限されたこと。救えた命が、救えなかったのではないかと。また、人工呼吸器が必要なケースは本当に重篤で、80%が亡くなってしまうというデータがあります。20%しか救えていないという事実が、精神的に辛いです。

小百合私も、3月下旬〜4月は患者数が多過ぎて、いつものような細かい配慮が難しいと感じました。限られた人数で治療に最善を尽くしても、「もっとできることがあったのでは、もっと救えた命があったのでは」と考えてしまいます。

エドワード3月終わりに自分が感染したのも辛かった。息苦しさや倦怠(けんたい)感がありました。重症化はしませんでしたが、人手不足なので、回復して即、現場復帰です。

——外出自粛の解除は、どう受け止めていますか?

小百合できれば、第二波を防ぐために家にいてほしい。仮設病棟が消え、通常のキャパシティーの限界に戻っただけですから。

エドワードもちろん感染拡大を抑えてほしいとは思いますが、経済が停滞したことで生活が苦しくなった人も、多いはずです。難しい問題ですね…。

2人の勤務する、NYCヘルス+ホスピタル/ウッドハル

 

最前線の現場を支援しよう

NYC Health+Hospitals
募金プログラム

nychealthandhospitals.org/donate

物資の支援はメールにて

                               covid19donations@nychhc.org


NYCOVID-19ボランティア&

寄付プログラム

https://apps.health.ny.gov/pubpal/builder/survey/nys-covid19-tracking-offers


NJパンデミック・リリーフ・プログラム

njprf.org

TEL: 844-657-3543

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。