巻頭特集

コロナウイルスと 戦うニューヨーク

まだ気は抜けないぞ!
外出で着けたいフェースカバー

マスクを高級志向にしてみる

機能性に優れた最新型

スウェーデン発のハイテクマスクは、奇しくもパンデミック直前に商品を発表し、あっという間にソールドアウト! 現在プレオーダーを受付中。デザイン、付け心地、フィルターにこだわった同製品は洗って何度も使える他、フィルターを替えることで効果が長続きする。

The Urban Air Mask/現在料金は問い合わせ/airinum.com


フェースカバーにこだわってみる

やわらか日本製バンダナ

暑い季節は、鼻と口を覆う布に軽やかさがほしくなる。オンラインストア「オンブラト」が取り扱う日本製バンダナは、米国製のものと比べて生地が柔らかいのが特徴。江戸時代創立の、京都の老舗店「山本仁商店」の商品は、綿100%なので通気性も抜群だ。優しい色合いも楽しんで。

Lightweight Bandana12ドル/ombrato.com

 



州の経済再開プラン「NYフォワード」が進行中

米で最悪のコロナウイルス感染被害をこうむったニューヨーク州は、患者数が一定数低下してからの経済活動再開にも慎重だ。クオモ知事が提唱する「NYフォワード」は、パンデミック鎮静化のきざしを7項目提示し、それら全てをクリアした地域から、4段階で経済活動を再開する。

〈フェーズ1〉建設、農業・林業・漁業、小売(店内販売に制限あり)、製造、貿易など

〈フェーズ2〉オフィス勤務、不動産、美容院など

〈フェーズ3〉レストラン、バー

〈フェーズ4〉アート、エンターテインメント、娯楽、教育など

各フェーズに移行するには、2週間の間隔を開ける必要がある。6月3日現在、フェーズ1にいるのは、セントラルニューヨーク、モホークバレー、ロングアイランドなど州内の大部分だ。ウェスタンニューヨークとキャピタルリージョンがフェーズ2。

ニューヨーク市は6月8日(月)に、ようやくフェーズ1に移行予定(今後の政府方針によって変動あり)。ただし、コロナウイルスの脅威が消え去ったという意味ではないので、引き続きソーシャルディスタンスへの配慮を忘れてはならない。

気になる夏のお出掛けは?

行楽シーズンの楽しみも、自粛解除後は例年とは様相が異なりそうだ。今年のビーチの定員は、例年の数の50%を下回る必要があり、6フィートのソーシャルディスタンスも引き続き継続。人同士の物理的な接触を避けるために、ボードウオークなども閉鎖される恐れがある。

細かなルール設定は各自治体に委ねられているので、遊びに行く前には、現地の最新情報を必ず確認しよう。

ニューヨーク州政府ウェブサイト: forward.ny.gov

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。