巻頭特集

新オープン続々!最新ベーカリーをチェックしよう!

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。(文・取材/野々村慧・伏見真理子)


中東の香りが漂う魅惑のベーカリー

イーストビレッジ地区のクーパースクエアに一昨年5月にオープンしたリブラエベーカリー。開店以来、平日休日問わず店内は常に賑わい、特に週末の朝は店の外まで行列ができるほどの盛況ぶり。店内のカウンターにはガラス越しにクロワッサンやバブカ、デニッシュにフォカッチャなど、さまざまな種類のパンが鮮やかに並んでいる。

初のバーレーン人女性が経営するベーカリー

同店のオーナーは、バーレーンでコーヒー焙煎所とベーカリーを経営するドナ・ムラドさん。イギリスやペルシャ湾でレストラン経営に携わる夫の故郷であるニューヨークでお店を持つことを夫婦で計画していたところ、この物件に出会い念願のベーカリーを開店させたそうだ。正式オープンする前に、店頭でクロワッサンの試作を無料で配布するなどの入念な開店準備が功を奏し、オープン早々から多くの常連客を獲得した。

プレッツェルやスコーンなど定番ペイストリーも

 

中東の味にインスパイアされた個性的なパン

自らを「中東の味のルーツとコペンハーゲンの発酵技術をもつ第3文化のカフェ」と称する同店は、使用している原材料も特徴的。アラブ諸国でよく使用されるハーブのザアタルや、バーレーンの伝統料理ではかかせないスパイスのブラックライム、中東の水切りヨーグルトのラブネなどを使用しており、同店のパンを通じて中東の食文化に触れられるのが魅力的だ。1個平均5〜8ドルとけして安価ではない価格帯だが、高品質の食材を用いたこだわりのパンは、1個でも十分お腹が満足するボリュームのものが多い。店内にはカフェスペースもあり、コーヒーなどドリンクも一緒に楽しめるので、ぜひ一度足を運んでみてほしい。

店内で1日最大8回焼くというパンは、どの時間帯に訪れても焼きたてが味わえて嬉しい

 

ぜひ食べてみて!編集部おすすめパン TOP3

①ピスタチオ・ローズ・クロワッサン(8ドル50セント)

二度焼きしたサクサクのクロワッサン生地とローストしたピスタチオの香りが漂う濃厚ペーストは相性抜群。

 

②ザアタル・ラブネ・モーニング・バン(8ドル)

中東の食卓に欠かせないハーブのザアタル入りデニッシュ。上品な渋みと優雅な香りを楽しめる。

 

③ブレッドプディング(6ドル)

キャラメルバナナとピーカンナッツを使用したプディングはモチモチで食べ応えあり!

 

 

Librae Bakery

35 Cooper Sq.

libraebakery.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。