巻頭特集

オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品

実践編 2
カンタン裾上げ(デニム編)

オーダー受注で服や小物などのリペアを行う吉田多江さんに、自宅でできる簡単な裾上げのやり方を聞いた。


 

1. 裾上げしたい裾の位置にまず線(出来上がり線)を引く。そこから縫い代分として、3cm下にも平行にラインを引き、はさみで切る。

 

2. 最初に引いた出来上がり線のところをアイロンで内側に折り、そこにデニムの裁ち端を合わせ、三つ折りにする。アイロンを三つ折り部分に強く押し付けながら、スチームを使ってアイロンを掛ける。

 

3. 縫い目を平行にするために、ミシンの押さえ部分の端と、デニムの内側にある裾の折り上げた端を合わせて縫っていく。このとき、縫い始めと縫い終わりが4.5cm重なるようにして縫い終える。

 

4. 最後に再度、アイロンで押さえて完成!

All photos by Tae Yoshida

〈手縫いの場合〉

デニム以外のスラックスなどのパンツを手縫いで仕上げる場合は、まず裾上げしたい長さから4cmの縫い代を付ける。1cm(または1.5cm)、そして3cmとアイロンで折ったら、折った箇所と本体をくっ付けるような形で、裾の内側から手縫いをすると、内側から見てもきれいに仕上がる。

ポイント

布を針ですくう(下から通す)際、生地の繊維を2、3本程度すくうと、表から糸が見えにくく、縫い目のがたつきなどが気にならずに、よりきれいに仕上がる。

最初の1cm(または1.5cm)を折る際に、しっかりとアイロンで折り目を付ける。

教えてくれた人

吉田多江さん

日本でファッションデザイナーとして約10年働いた後、来米。
built to last, nothing waste」をテーマに、リペア、テーラーなどを通してプロジェクトを行っている。

 

【問い合わせ】

Instagram: @taylore.work
taylore.work@gmail.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1130

今年は75周年のメモリアルイヤー! NBAを見に行こう!

レギュラーシーズン開幕から約1カ月。創設75周年を迎えたNBAは、今季ならではのイベントが盛りだくさんだ。今、話題のNBA系YouTuber、Rikuto AFさんとニコラス武さんの解説と共に、その魅力を紹介する。

Vol. 1129

NYC新市誕生! エリック・アダムス氏を解剖

2日に行われたニューヨーク市の市長選で民主党のエリック・アダムス氏が当選し、次期ニューヨーク市長に就任する。エリック・アダムス氏とはどんな人物なのか? そして今後のニューヨークはどう変わるのか?

Vol. 1128

ビザ最新情報 2021秋冬版

2023年度DV(移民多様化)抽選永住権の米国務省受付が、9日正午で終了した。今号では、H、E、L、Oビザなどの非移民ビザや永住権に関する最新情報を紹介する。

Vol. 1127

今年は何する? もうすぐサンクスギビングデー!

いよいよサンクスギビングデーがやってくる。今年は例年のパレードも復活し、感謝祭ディナーに大セールと楽しいイベントがめじろ押し。日本人にはなじみない文化とはいえ、せっかくアメリカに住んでいるのなら目いっぱい楽しまなきゃ損! 今号はそんなサンクスギビングを存分に満喫するための情報をお届けする。