巻頭特集

オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品

実践編 1
カンタン編み物

講師としても活躍する郷津由美子さんに、自宅できるスヌードとマスクの編み方を聞いた。


スヌード

〈材料〉

毛糸…バルキー(Bulky)ぐらいの太さ4種、合計200〜250g
2本棒針(USサイズ10.5号)
毛糸とじ針

 

〈寸法〉

出来上がり寸法=長さ約170cm、幅18cm

〈編み方〉

ガター編み

 


1. 指に掛ける方法で、24目作り目を作る。A(※毛糸4種はABCDと表記)の糸をガター編み(全ての段を裏目で編む)で42cm編み、Bの糸に変えて43cm編む。Cに変えて42cm、そしてDを43cm編んで、最後は伏せ止めをして終える。

 

 

 

 

 

2. 編み始めと編み終わりを、毛糸針で表から巻き止めにして付ける。このときに、付き合わせになるように注意して綴じる。

3. いらない糸を、針で同じ糸を使って編み、目と目の間に入れて始末する。その後、スチームアイロンを当て布をして掛ける。

 

完成

ポイント

アイロンで形などを整える。ウールの入った糸の場合は、スチームを掛けるとふんわり仕上がる。

写真のスヌードは、モノトーン系の糸で編んでいるが、明るい色の糸で編むのもすてき。糸は自分の好みで、何色でも好きに変えて、色を一色から数色選んでみてもよい。もし異素材の糸を混ぜて編むならば、糸の太さが大体同じくらいになるよう均一に編む。

All photos by Yumiko Gozu


洗える手編みマスク

〈材料〉

シルク、コットンなどの糸1玉(50gで糸の長さが110〜120mぐらいの物)
2本棒針(日本サイズ6、7号/USサイズ5、6号)
かぎ針(日本サイズ5号/USサイズF)
毛糸の閉じ針、縫い針、縫い糸
マスク裏布用の布(横24cm x 縦16cm)

 

 

〈寸法〉

本体横幅(広げた状態で)20〜21cm、縦幅(中心で測る)12〜13cm

〈編み方〉

マスク部分=二目ゴム編み、かのこ編み/掛けひも部分=チェーンステッチ、細(こま)編み

 


1. 6号針で作り目を22目作り、2目ゴム編み(表目と裏目を縦に2目ずつ交互に編む)で10段(3.5cm)編む。

2.針を7号針に変えて、かのこ編み(表目・裏目を縦横に交互に組み合わて編む)42段(約13cm)編む。その後、針を6号針に変えて二目ゴム編みし、10段編んで伏せ止めする。

3.掛けひもの部分は、5号かぎ針でチェーンステッチ(くさり状に編む)で26目編んで、細編み(前のくさりをすくって編む)を1段編む。

4.両耳に掛けるため、2本ひもを編む。このとき編み始めと編み終わりは、約10cm糸を残しておく。残しておいた糸を利用して、左右の二目ゴム編みの端と端に、ひもを裏から縫って閉じ付ける。

〈裏布を付ける場合〉

かのこ編みをした部分の寸法を測り、その寸法に1cmの縫い代を付けて布を裁断する。縫い代を内側に折り、アイロンを掛けておく。布の表側を上にして、回りをまつり縫いしてマスクの裏に綴じ付ける。仕上げにアイロンを掛けて、布を落ち着かせる。

ポイント

裏布はワイシャツやハンカチなどコットンを利用。洗うときは手洗いで、タオルの上などに平に置き乾かす。裏布を付けない場合は、市販マスクの上から使用し、マスクカバーにも使える。

 

教えてくれた人

郷津由美子さん

編み物教室「YUMIKNIT New York」主宰。
日本クラブのカルチャー講座講師も務める。

※今月も編み物教室を開催予定。詳細は、日本クラブカルチャー講座(nipponclub.org/culture)を確認。

【問い合わせ】

yumiknitny0426@gmail.com
yumiknit.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1130

今年は75周年のメモリアルイヤー! NBAを見に行こう!

レギュラーシーズン開幕から約1カ月。創設75周年を迎えたNBAは、今季ならではのイベントが盛りだくさんだ。今、話題のNBA系YouTuber、Rikuto AFさんとニコラス武さんの解説と共に、その魅力を紹介する。

Vol. 1129

NYC新市誕生! エリック・アダムス氏を解剖

2日に行われたニューヨーク市の市長選で民主党のエリック・アダムス氏が当選し、次期ニューヨーク市長に就任する。エリック・アダムス氏とはどんな人物なのか? そして今後のニューヨークはどう変わるのか?

Vol. 1128

ビザ最新情報 2021秋冬版

2023年度DV(移民多様化)抽選永住権の米国務省受付が、9日正午で終了した。今号では、H、E、L、Oビザなどの非移民ビザや永住権に関する最新情報を紹介する。

Vol. 1127

今年は何する? もうすぐサンクスギビングデー!

いよいよサンクスギビングデーがやってくる。今年は例年のパレードも復活し、感謝祭ディナーに大セールと楽しいイベントがめじろ押し。日本人にはなじみない文化とはいえ、せっかくアメリカに住んでいるのなら目いっぱい楽しまなきゃ損! 今号はそんなサンクスギビングを存分に満喫するための情報をお届けする。