巻頭特集

2号連続グルメ特集前編 ニューヨークで夏祭り気分♪

出店の定番フード、集まれ〜〜!

 

 

りんごあめ

 

わたあめ

 

地下鉄D・F・N・Qラインのコニーアイランド駅前、「ネイサンズ・ホットドッグ」に隣接する「ウィリアムズ」は、りんごあめで知られる老舗キャンディーショップ。日本の水あめとはまた違う、濃厚な甘さのコーティングだが、みずみずしくフレッシュなリンゴとマッチして、意外と飽きずに食べられる。キャンディーカラーのわたあめも買ったら、童心に返ってほおばろう(Williams Candy / 1318 Surf Ave., Brooklyn, NY 11224 / candytreats.com)

 


 

お団子

 

今春イーストビレッジにオープンした和菓子のテークアウト専門店「茶菴(あん)BONBON」のお団子は、カラフルかつ美麗なデザインが人気を呼んでいる。出店の定番、みたらしやアンコもさることながら、抹茶などは和食好きな地元ニューヨーカーにも喜ばれそう。地下鉄6ラインのアスタープレース駅から徒歩数分(Cha-an BONBON / 238A E. 9th St. / chaanteahouse.com/bonbon)

 


 

焼き鳥

ニューヨーク夏グルメの流行発信地・スモーガスバーグで今夏出店中の「焼き鳥龍(たつ)」は、炭火で焼いたアツアツの焼き鳥メニューが大人気。1本4ドル前後という低価格も思わず手が伸びるポイント! タレの香ばしい香りが食欲をそそる。金曜日にはワールドトレードセンターの広場で営業中(Yakitori Tatsu / Smorgasburg at WTC, Oculus Plaza / Instagram: @yakitoritatsunyc)

 


 

コーンドッグ(アメリカンドッグ)

 

店内に電話ボックスがあることでおなじみ、イーストビレッジ(ブルックリンにも店舗あり)の「クリフドッグス」のコーンドッグは、ニューヨークでも屈指のうまさだと評判。おなじみのきつね色よりもやや濃い色の衣にドキッとするかもしれないが、肉汁がじわりとこぼれるソーセージとの相性は抜群! こちらも最寄りはアスタープレース駅(Crig Dogs / 113 St. Marks Pl. / crifdogs.com)

 

 

固定ページ: 1 2 3 4

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。