巻頭特集

2号連続グルメ特集前編 ニューヨークで夏祭り気分♪

ニューヨークのにぎやかな屋外イベントも楽しいけど、やっぱり夏になると、日本の夏祭りでほおばっていた出店の味が恋しい〜! 今号は、編集部が市内を散策して見つけた、祭りの定番フードをご紹介。(取材・文=南あや)



まずはやっぱり鉄板モノでしょ
ジャパンビレッジでおなかを満たせ

出店の呼び込みの声、浴衣で着飾った老若男女の歓声、夏の気温をさらに上げる、鉄板やバーナーの熱気…。日本で生まれ育った人なら、夏祭りのあの雰囲気に、ノスタルジーを感じるのではないだろうか。

日本に飛んで祭りの現場には行けなくとも、せめてニューヨークで、祭りのおいしさを堪能したい! そんな思いを胸に、編集部は当地で手に入る日本の「夏祭りフード」を探し始めた。

日本食を探す上で注目したいのが、ブルックリン区サンセットパークにある複合商業施設「インダストリーシティー」の1階フードコート「ジャパンビレッジ」だ。ラーメン、すし、弁当など多種多様なベンダーが入っていて、平日昼でも多くの地元住民でにぎわう。

中に入ると、出店フードの代表格、たこ焼きと焼きそばを売る「Hachi」が、ひときわソースのいい香りを漂わせていた。じゅうじゅうと音を立てて焼けるたこ焼きを、テンポよくひっくり返す店員の手さばきがなんとも鮮やか。調理場を眺めているだけでも楽しい。家族や友人とめいめい分ければ、いつかの夏祭りの思い出がよみがえってくる。

 

 

アツアツの焼きたて料理には、同施設内にある「カフェ・ジャポン」が提供する、製氷器で削りたてのかき氷をあわせて。 持ち歩きにも便利なので、たこ焼き片手に、ブルックリン散策に出掛けるのもよさそうだ。

夏の思い出探しは、次ページに続く。

 

 

Japan Village at Industry City
934 3rd Ave.
Brooklyn, NY 11232
TEL: 347-584-4579
japanvillage.com
地下鉄D・N・Rラインの36st駅から徒歩3分

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。

Vol. 1090

新規オープン店に見るNYC

「コロナ禍の今こそあえて」、あるいは「元々のオープン予定がずれて」などの理由で、2020年秋冬にニューヨークで新たにビジネスを始めたオーナーたち。オープンから数カ月経った今、その率直な現状を聞いてみた。