巻頭特集

2号連続グルメ特集前編 ニューヨークで夏祭り気分♪

ニューヨークのにぎやかな屋外イベントも楽しいけど、やっぱり夏になると、日本の夏祭りでほおばっていた出店の味が恋しい〜! 今号は、編集部が市内を散策して見つけた、祭りの定番フードをご紹介。(取材・文=南あや)



まずはやっぱり鉄板モノでしょ
ジャパンビレッジでおなかを満たせ

出店の呼び込みの声、浴衣で着飾った老若男女の歓声、夏の気温をさらに上げる、鉄板やバーナーの熱気…。日本で生まれ育った人なら、夏祭りのあの雰囲気に、ノスタルジーを感じるのではないだろうか。

日本に飛んで祭りの現場には行けなくとも、せめてニューヨークで、祭りのおいしさを堪能したい! そんな思いを胸に、編集部は当地で手に入る日本の「夏祭りフード」を探し始めた。

日本食を探す上で注目したいのが、ブルックリン区サンセットパークにある複合商業施設「インダストリーシティー」の1階フードコート「ジャパンビレッジ」だ。ラーメン、すし、弁当など多種多様なベンダーが入っていて、平日昼でも多くの地元住民でにぎわう。

中に入ると、出店フードの代表格、たこ焼きと焼きそばを売る「Hachi」が、ひときわソースのいい香りを漂わせていた。じゅうじゅうと音を立てて焼けるたこ焼きを、テンポよくひっくり返す店員の手さばきがなんとも鮮やか。調理場を眺めているだけでも楽しい。家族や友人とめいめい分ければ、いつかの夏祭りの思い出がよみがえってくる。

 

 

アツアツの焼きたて料理には、同施設内にある「カフェ・ジャポン」が提供する、製氷器で削りたてのかき氷をあわせて。 持ち歩きにも便利なので、たこ焼き片手に、ブルックリン散策に出掛けるのもよさそうだ。

夏の思い出探しは、次ページに続く。

 

 

Japan Village at Industry City
934 3rd Ave.
Brooklyn, NY 11232
TEL: 347-584-4579
japanvillage.com
地下鉄D・N・Rラインの36st駅から徒歩3分

 

 

ページ: 1 2 3 4

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1054

ちょっと拝見!
ニューヨーカーの
通勤バッグの中身

通勤バッグは、見た目に機能性にと、いろいろなポイントで選びたいところ。かつてはカッチリとしたブリーフケースのイメージも強かったが、職種や働き方の多様化に伴って選びも多くなってきた様子。バリバリ働くニューヨークの男性陣に、通勤バッグについて聞いてみた。(取材・文/菅礼子)

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)