巻頭特集

【SDGs】今こそ、サステナブルな行動を!

NYはサステナブル先進都市!

世界の各都市でサステナブルな試みが行われているが、ニューヨーク市も大都市として、環境保護への取り組みを進めている。

ビル・デブラシオ市長は、2050年までにニューヨーク市の温室効果ガス排出量を80%削減するというロードマップを公表している。

また市内の大学や病院、名だたる一般企業が参加する「NYCカーボンチャレンジ」を発足。2025年までに50%以上の温室効果ガスを削減するという、自主的な取り組みを行うなど、市が民間を巻き込んでサステナブルな街づくりを目指している。

あの業界でも取り組みが

それに伴い、各分野での興味深い取り組みが増えてきているので、このページで紹介しておきたい。

ニューヨークらしいところでいえは、ファッション、アートの分野だ。市が主催する、セカンドハンド(古着)の服のみを使った「リファッション・ウィーク」が今年2月に開催された。環境負荷が高いといわれるファッション業界が、繊維廃棄物の削減を目的に協業している。

また、同じく市が運営する「マテリアルズ・フォー・ザ・アーツ」では、アートと環境のサステナブルな関係を持続させるため、教育機関と組み、埋め立てられるはずの廃棄物をアートに活用するワークショップなどを開催している。

環境問題に焦点を当てたスタートアップも多い。Eコマースやテクノロジーを駆使することで農業やごみ処理の効率化を、自然エネルギーを生み出すことで温室効果ガスの削減や節水、土地の効率的使用を、それぞれ目指している。


注目のプロジェクトをチェック

ReFashion Week NYC

ニューヨーク市がオーガナイズする、古着を利用して行うファッションウィーク。ランウェーショーに加え、衣服の交換、スタイリングセッションなどを行った。2020年度は、ビンテージストア「Threads of Habit」のキュレーターや、ファッションブランド「anne james new york」のデザイナーなどともコラボを果たした。ルックブックを見ても、とても古着の再利用には見えない、スタイリッシュなデザインが並ぶ。次回は、2021年2月に開催予定。

また年間20万トンもの衣服が埋め立てられるニューヨーク市の環境負荷を減らすために、市はユーザーに、着古した洋服を「DonateNYC」(nyc.gov/assets/donate/site)へ寄付するように勧めている。廃棄する代わりに再利用することで、多くのエネルギー、資源、お金が節約されると説明している。

 

ファッションショーには、普段からゼロウェーストやサステナブルファッションにフォーカスしたスタイリスト10人が参加。今年2月、スポンサーを務める「ブルックリン・アーミー・ターミナル・アネックス」で行われた

 

 

 

All photos by ReFashin Week NYC

refashionnyc.org


Package Free

ニューヨーク大学で環境学を学んでいたローレン・シンガーが2014年に創設。サステナブルへの近道であるパッケージフリー(包装なし)、およびプラスチックを使用しない商品を、Eコマースで販売している。中には、洗濯可能なオーガニックコットンを使用したトイレットペーパー(布)など、希少な商品もある。

商品はいずれも最低限のラッピングだけが施されていて、そのシンプルかつ無駄のないデザインにひかれる人も多い。

注目の「Zero Waste Kits」シリーズは、美容から旅行用品、女性の生理用品、カクテル制作グッズまで幅広くラインアップを用意。サブスクリプション(定期購買)サービスもあり、環境にもお財布にも優しい。

 

オンライン展開の他、ブルックリンのウィリアムズバーグに実店舗がある(パンデミックの影響で現在は閉鎖中)

 

ポイントカードサービスもあり、インスタグラムのフォローや商品レビュー、アカウント作成など、ポイント獲得方法は実に17種類。リターン顧客獲得に積極的だ

 

packagefreeshop.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1109

夏のアートを体験しよう!

さまざまなアートを身近に触れられる芸術の街、ニューヨーク。話題のゴッホ展をはじめ、いよいよ全面オープンとなった市内の美術館でも、夏に向けてさまざまな展示会が始まっている。この夏はアートを存分に満喫しよう!

Vol. 1108

知っておきたい 大学進学への心得  日本編

米国からの帰国生が大学受験において知っておくべきことはなんだろうか? 先週号に引き続き大学の進学事情をお届けする今週号では、海外から日本の大学を受験するための基礎知識と基本最新情報を徹底解剖する。

Vol. 1107

知っておきたい 大学進学への心得  米国編

子供を持つ家庭において教育課程の最難関ともいえる大学進学。そこで、これから大学進学を控える親子が知っておくべき基礎知識と最新情報を、米国編と日本編の2回に分けて特集する。今号は、米国の大学にまつわる受験事情をご紹介!

Vol. 1106

フレキシタリアンのすすめ

昨今にわかに注目を浴びる「フレキシタリアン」ダイエット。一体どんなメリットがあり、どう実践したらいいのか? 今号ではフレキシタリアンの考え方をうまく自分の食生活に取り入れる方法を紹介する。