バックナンバー

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。

Vol.1070

ちまたで噂のCBDを有効活用

「CBD(シービーディー)」をご存知だろうか? 有効活用することでリラックス効果や安眠効果も得られるという、ナチュラル由来の成分。おうち時間も多い今、CBDを理解したうえでトライしてみては?

Vol.1069

オールバニのこと、知ってる?

ニューヨーク州東部にある人口約9.7万人の街オールバニは、ニューヨークの州都! 行ったことのある人はあまり多くないのでは? 今号では、編集部が実際にオールバニを歩いて見つけた街の魅力を紹介する。

Vol.1068

肌に直接つけるものだからこだわりたい

自然派スキンケア

新型コロナの影響で心身ともにストレスフルな生活が続く日々。スキンケアこそ肌に優しい自然素材のものを使って、ストレスを少しでも軽減したい。そこで手作りを実践する職人(生産者)に、自然派スキンケアの魅力を聞いた。

Vol.1067

日本の酒、夏の家飲み!

真夏のニューヨーク。いつもならルーフトップバーで開放的に酔いしれるところだが、今年はソーシャルディスタンスを重視して「おうち」志向。そこで今号では、「夏」「家飲み」「手軽」をキーワードに、日本のお酒を家でより一層楽しむためのアイデア、カクテルレシピ、おすすめペアリングを紹介する。

Vol.1066

夏の大自然、(安全に)満喫。

不要不急の外出を避けてきた4カ月。もちろんまだ油断はできないが、訪れた夏の美しさに引かれるのは、悪いことではないはずだ。大自然に(安全に)アクセスできる郊外在住者も、もう少し事態の沈静化を待ちたいニューヨーク市内の読者も、この夏に最適な、自然散策計画を立ててみよう。

Vol.1065

徹底比較!登録しておくべき配信サービスはこれだ‼︎

新型コロナウイルスの影響で自粛生活中に登録した人も多い、ストリーミングサービス。今号では、サービスを提供する各社を徹底比較。値段で決めるか、作品で決めるか、改めてサービスを見直すいいチャンス!

Vol.1064

アメリカにおける黒人差別の知識を深める

全米をはじめ、世界中で「Black Lives Matter(黒人の命は大切=BLM)」の運動が起こっている。人種差別が根強く残るアメリカにおいて、今後このような事件を起こさないために、一連の問題を紐解いて、理解を深めてみる。

Vol.1063

フェリーは夏の乗り物だ!

美しい街並みを眺めながら、太陽をキラキラと反射した水上を、ハイスピードで疾走。夏こそ、1年で最もフェリー利用が楽しい季節だ。今号は、まだ乗ったことがない人のために、その多彩な魅力を紹介しよう。風に吹かれて、ちょっと髪が乱れるのはご愛嬌!

Vol.1062

夏こそさわやかに

免疫力アップドリンク

新型コロナウイルスの猛威は一旦落ち着いたものの、まだ完全な特効薬はない状態。ここで鍵になるのは、自分の免疫力をアップし、ウイルスに負けない体を作ること! 今号では、暑い時期に水分補給と同時に免疫力もアップできる健康ドリンクを紹介する。

Vol.1061

アートから見るニューヨークのいま

新型コロナウイルス感染症、抗議活動……ニューヨークはいま、目まぐるしい変化が起きている。通りで見掛けるウォールアートにもその変化の波は押し寄せている。メッセージを発信し続けるアーティストたちの作品を紹介しよう。

Vol.1060

イレギュラーなゴハン事情

ニューヨーク市内の飲食店は、3月16日から店内営業ができない状態が続いている。経済事情から店を完全休業するところも多いが、今日に至るまで、デリバリーとテークアウトを続けている店もある。今回は、苦境の中でも奮闘し続ける市内の飲食店を、いくつか紹介しよう。

Vol.1059

Hello Again NEW YORK

誰もが先を読めない、未知の事態。不安な日々を過ごしつつも、徐々に病気への緊張感は薄れてきているようだ。ニューヨーク市でも自粛解除が間近に迫っている今、改めてコロナウイルスのことを考えよう。

Vol.1058

ジャピオン 春の食パン選手権

食パンの由来は諸説あるが、主食+パン=「食パン」という説が有力とか? 今回はニューヨークで購入できる食パンを、モニターに協力してもらい、食べ比べ調査を行った。サンドイッチやこんがり焼き上げたトースト、あなたはどの食パンが気になる?

Vol.1057

春よ来い、花よ来い!

暦の上ではまだだが、暖冬で花も少しずつほころびはじめ、春らしさを街中で感じるようになってきた。そこで今号では、気軽に行けるマンハッタンのガーデンと、スケールの大きい郊外のガーデンを紹介。

Vol.1056

サッカー観に行こうぜ!

アメリカでもサッカーは大人気。男子は今季リーグが始まったばかり。女子も4月から開幕するのをご存知だろうか?サッカーをやったことがある人、観戦好きな人、そして初めて観るという人も、今号を読んで、競技場へ応援しに行こう!

Vol.1055

チーズ!チーズ!!チーズ!!!

みんな大好きなチーズを大特集!アメリカ、特にニューヨークには美味しい地元産チーズや、絶品チーズ料理を提供するレストランがレストランがたくさんある。これを知らずしてニューヨークは語れないぞ!

Vol.1054

ちょっと拝見! ニューヨーカーの通勤バッグの中身

通勤バッグは、見た目に機能性にと、いろいろなポイントで選びたいところ。かつてはカッチリとしたブリーフケースのイメージも強かったが、職種や働き方の多様化に伴って選びも多くなってきた様子。バリバリ働くニューヨークの男性陣に、通勤バッグについて聞いてみた。

Vol.1053

焙煎したてのコーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。

Vol.1052

今から始める安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし…」「どうせ数年後に日本に戻るし…」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?

Vol.1050

ようこそ「白鳥の湖」の世界へ

チャイコフスキー3大バレエの名作『白鳥の湖』。1月下旬から市内で順次観ることのできる三つのバレエ団による公演と、その見どころを紹介していく。

Vol.1049

祝・旧正月 マンハッタン中華街ガイド

1月25日から始まる旧正月を祝して、今号はマンハッタンの中華街を探索。世界各国の中華街を歩き、料理教室を主宰するYOKOさんに楽しみ方を聞いた。おすすめのレストラン、安くておいしい食材やアジアのシーズニング、ハーブが買える店の情報満載!旧正月料理のレシピも教えてもらった。

Vol.1048

2020年はさらに熱い!
アートなニューヨークを楽しもう! 

昨年、ニューヨークのアート施設は新オープンからリニューアルまで、様々なニュースが相次いだ。今年も、メトロポリタン美術館150周年アニバーサリーをはじめ、話題が目白押し!