バックナンバー

Vol.1044

文化震源地サウスブロンクス

ブロンクスで用事があるのは、ヤンキースタジアムだけ・・・なんて思い込んでいる読者も多いのでは?実はマンハッタンにも近いサウスブロンクスは、最先端のアートやカルチャーを発信している。今号はニューヨーク生活で一度は行っておきたい同エリアを紹介。(取材・文/キム・クンミ)

Vol.1043

はじめての
ターキー物語。

感謝祭まであと少し。今回は料理研究家、ネイチャーマン初音先生によるターキー(七面鳥)の伝統料理と簡単バージョンを紹介する。

 

Vol.1042

今日からとり入れる
秋冬おしゃれのミニヒント

季節の変わり目に合わせて、外見もアップデートしよう!今号は、ジャピオンにゆかりのあるオシャレのプロたちに、秋冬を楽しむちょっとしたコツを聞いた。

Vol.1041

自由気ままに
デトックス

年末も近くなり、何かと忙しいこの季節。2019年を最後まで楽しむために、体の不調やストレスは今のうちに排除しよう!今号は、気軽に立ち寄れる市内のリラクゼーションスポットを探訪。

Vol.1040

読者ランナーを一挙紹介!
NYCマラソンを見る。

NYジャピオンは、今年もニューヨークシティーマラソンを応援します!レースの基礎情報から、知っていると得する応援の豆知識、そして5区を駆け抜ける読者ランナー太刀を一挙に紹介。(文/南あや)

Vol.1039

ジェネレーションZ が
経済を動かす!

「ジェネレーションZ」(略称=Z世代)という言葉を耳にしたことがあるだろうか?今、この若い世代の勢いが止まらない!数年後にはアメリカ最大の消費者層となると言われている彼らの正体・生態を、今号で勉強使用!(取材・文/菅礼子)

 

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)

Vol.1037

いざ、ミュージカル鑑賞。

ロングランから新作まで、ブロードウェーではミュージカル作品が山ほど上演中。住んでいるとなかなか見に行く機会がない、という言う人に、今号ではおすすめ作品を紹介。(文/音成映舞)

Vol.1036

今さら聞けないクラブのこと

「自分はもう若くないし」「ナンパ目的でしょ」「なんだか危なそう」と、不慣れな人にはやや敬遠されがちな、ニューヨークのナイトクラブ。実はクラブカルチャーとは多彩で、誰でも楽しめるものなのだ!今号は、市内での安全で楽しい夜遊びのコツを、クラブ初心者向けに指南。(取材・文/南あや)

Vol.1035

ニューヨーク手土産事情

お世話になった人へのお礼、招待されたホームパーティーなど、何を手土産に買えばいいの?と、悩むことも多いはず。そこで、今回はジャピオン厳選の「手軽に購入できる手土産」を特集。(文・写真=音成映舞)

 

Vol.1034

映画館に行こう!
NY流シネマの楽しみ方

映画の都といえばハリウッドを思い出すが、映画鑑賞の都となるとそれはニューヨークをおいて他にはない。今号では、さまざまなスタイルの映画鑑賞シーンを提供してくれるニューヨークだからこそできる、映画の楽しみ方や映画館を紹介する。
(取材・文=古村典子)

 

 

Vol.1033

今だからこそウキウキ!
大人の社会科見学

観光名所や大企業の本社が集まるニューヨークは、世界を代表する街。ビジターに一般公開をして、いわゆる「大人の社会科見学」を提供する企業や工場が多いのをご存知だろうか?大人になった今だからこそ知りたい、大人の社会科見学で、ニューヨークをもっと知ろう!(取材・文=菅礼子)

 

 

Vol.1032

2週連続グルメ特集
秋冬の味覚はすぐそこに

残暑の抜け切らないニューヨークだが、暦の上では秋は目前。食欲の秋を存分に楽しむために、今のうちから、秋冬シーズンに旬を迎える食べ物をチェックしよう。(取材・文=南あや)

Vol.1031

2号連続グルメ特集
ニューヨークで
夏祭り気分♪

ニューヨークの賑やかな屋外イベントも楽しいけど、やっぱり夏になると、日本の夏祭りでほおばっていた出店の味が恋しい〜!今号は、編集部が市内を散策して見つけた、祭りの定番フードをご紹介。(取材・文=南あや)

Vol.1030

観なきゃソン!
全米オープンテニス

世界4大大会(グランドスラム)の一つとなる、全米オープンテニス。世界的に有名な選手たちの試合が間近で観れる、数少ない機会を利用し、ぜひコートへ観戦に行ってみよう。知っているようで意外と知らない!? お得な情報と共に、今回は大会の魅力を紹介していく。

 

Vol.1029

華麗にこなしてステップアップ
ジャピオン読者の出張事情

普段から慣れない米国で頑張る社会人にとって、見知らぬ土地でビジネスチャンスを決めるのはひと苦労。今号は、そんな読者をほんの少し手助けする特集です。

Vol.1028

まだ間に合うよ!屋外サマーイベント

いよいよ8月に突入!一年の中でもイベントの多い夏は、気軽に行ける屋外イベントが目白押し。「忙しくてまだどこにも行けていない」という人のために、今号は「演劇」、「映画」、「音楽」とジャンル別に分けて紹介していく。(文=音成映舞)

Vol.1027

大都会にも星はある

高層ビルと人であふれたニューヨーク、下ばかり見て歩いていない?野外にいる時間が長くなる夏こそ、夜空の美しさを楽しもう!今号は、ジャピオンがニューヨーク市内で天体観測にトライ。

Vol.1026

シュワっと真夏のスパークリング酒

暑い夏こそ爽やかにスパークリングの日本酒を楽しみたいでも種類が多すぎて、一体どれを選んでいいか迷ってしまう。そこで、今号ではニューヨークで活躍する日本酒のプロに、トレンドやおすすめのスパークリング酒、また選び方や飲み方についてアドバイスをもらった。

Vol.1025

読者のみんなでゴルフしようぜ!

ニューヨークのゴルフコースは、仲間と回ると一層楽しい!今号は、当地の日系ゴルフコミュニティーを取材、グループで楽しむ魅力を探った。さあ、この夏こそコースデビューだ!

Vol.1024

夏の海こそニューヨーク!

フロリダやロサンゼルスなどのビーチシティーとは違った、大都市ならではの海の魅力が、そこにある。9月まで、ニューヨークのビーチで夏を思いっきり楽しもう!

Vol.1023

絵になるニューヨーク滞在

「ニューヨークでいいホテル知らない?」と聞かれたとき、スマートにいいホテルを紹介できたら、きっと真のニューヨーカー!今号は、また泊まりに来たくジャピオン1023号なるような、市内のオシャレなデザイナーズホテルを紹介。

Vol.1022

ニューヨークのプールでひんやり。
市内で手軽に涼を取るなら、プール遊びがオススメ!今号は市営施設からホテルのルーフトップまで、短にあるプールスポットを紹介しよう。

Vol.1021

夏ファッションをとことん楽しむ!
ニューヨークもいよいよ夏到来!燦々(さんさん)と照りつける太陽の下でアクティビティーを楽しむためにも、TPOに合わせて、夏のファッションをちょっと工夫してみませんか?

Vol.1019

この夏行きたいルーフトップバー
日常から切り離された、特別な景色とドリンクで、ニューヨークの夏を刺激的に過ごそう。今号は、最近オープンしたものを中心に、市内で話題のルーフトップバーをご紹介!

Vol.1018

夏限定! 幻の島ガバナーズアイランド黄金ルート
夏だけ入島できる特別なリゾートとして、ニューヨーカーの人気が高い、ガバナーズアイランド。今回はアクセスなど基本情報から、同行者別の鉄板ルートまでを紹介!

Vol.1017

進化してます! NY地下鉄の今
一昔前は「怖い」イメージを持たれがちだったニューヨークの地下鉄。効率化とデジタル化に伴い改札や車両は順次更新、状況は年々改善している。今回は最近の地下鉄事情をご紹介。きっとこれまでよりも親しみが湧くはず。意外と知らない発見も⁉

Vol.1016

デリバリーアプリ徹底比較
タップ一つで自宅にレストランの味が届く、フードデリバリーアプリ。忙しいニューヨーク生活では、このアプリをどううまく
使うかが鍵となる。今号は、利用者の多いアプリ8種を、編集部が実際に使って比較してみた!

Vol.1015

私を野球に連れてって
米4大スポーツの中でも最も歴史が古い大リーグ。ニューヨークには2球団あり、両方とも球場へ地下鉄で行ける。仕事帰りや週末に、ふらっと観戦に行ってみよう! 筋金入りのファンに生のゲームの魅力と観戦のコツを聞いた。

Vol.1014

イースターをとことん楽しむ!
イースター(復活祭)は、キリスト教の行事としては、実はクリスマスよりも重要な祭典ともいわれ、ニューヨークでもさまざまなイベントが開催される。今号は、市内でのイースターの楽しみ方を探ってみよう。

Vol.1013

今年の桜、どこで見る?
日本の春の風物詩を、ニューヨークでも楽しもう! 今号では、植物園や公園などで開催される、桜の開花イベントをご紹介。

Vol.1012

夏はすぐそこ! どうする子供のサマーキャンプ
春到来、と思ったらすぐに夏が来るニューヨーク。子供たちは2カ月の長い休みに入る。キャンプを検討中の人も多いはず。選定基準やまだまだ間に合うプログラムを紹介する。

Vol.1011

スカースデール に行ってみよう
駐在家族が多く暮らす高級住宅地として知られる、ウェストチェスター郡スカースデール。ただ、ニューヨーク市内在住の人はあまり行く機会がないのでは? 今号は、住民の声や最新スポットの情報を交え、スカースデールの今を紹介!

Vol.1010

NYの地ビールが好き
ニューヨークでは地ビールブームが続く。今回は、地ビール業界の最新の動向を聞いたほか、ブルックリン、クイーンズを中心に、数々のビール醸造所をリストとマップで紹介する。ジャピオンを片手に市内の醸造所巡りをしよう!

Vol.1009

エスニックタウンの今を訪ねて
ニューヨークにある中国や韓国、ブラジルなど多種多様コミュニティー。世代交代が進み、若者に受けるおしゃれな店も増えてきた。変化が続くエスニックタウンの今を追った。

Vol.1008

不思議なおいしさ あります。
作っている側は本気だけど、どこか変でいとおしい……。そんなニューヨークの一風変わったグルメスポットに、 編集部が食べに行ってみた。あなたならアリ? それともナシ?

Vol.1007

NYバイク事情 2019
ニューヨークのバイク(自転車)利用者は年々増加している。今回は専門家に、市内の最新のバイク事情を聞いた他、レンタル・シェアバイクの利用方法、またおすすめのコースも紹介する。

Vol.1006

世界初! ニューヨーク発祥! お店巡り
これまで多くの「世界初」のお店が生まれ、ブランドやトレンドの発祥地となってきたニューヨーク。はやりすたりが激しい中、新たな試みが相次いでいる。時代の先を行くお店の数々を巡ってみた。

Vol.1005

大都会に響くオーケストラ
現在、ニューヨーク拠点のオーケストラ(管弦楽団)の多くは2018-19年シーズンのクライマックスを迎えるとともに、19-20年シーズンの新作発表を次々に行っている。今号は初心者向けに、オーケストラ音楽の基礎的な楽しみ方を伝授しよう。

Vol.1004

甘~い!ニューヨークのバレンタイン
バレンタイン間近。今回は、ギフトとして贈りたいニューヨークのクラフトチョコの食べ比べ、そしてあの人と一緒に食べたいインスタ映え必須のスイーツの数々を紹介。今年のバレンタインはあくまで甘〜く。

Vol.1003

家派?お店派?温かい飲み物でHOTしよう
冬の厳しさが一段と増してきた今日この頃、極寒のニューヨークだからこそ、温かい飲み物がいっそうおいしく感じるもの。1杯飲んでほっとすると、ついお店に長居してしまう。「寒くて外に出るのもおっくう」。そんな人は家で簡単においしく作れるホットドリンクはいかが?

Vol.1002

やっぱりフードホールが好き!
フードホールとは、近年注目を集める、忙しいニューヨーカーが「ちょい寄り」できるグルメスポット。フードコートの進化系で、味自慢の地元企業が集まる。今号では、市内で人気のフードホールを多数紹介!

Vol.1001

寒くても楽しい! 子供と冬遊び10
寒さがいよいよ本格化し、子供連れにとっては毎日の遊び場所に困る冬。そこで今回は、冬だからこそ楽しいスポットと寒さに関係なく遊べるオススメなスポットを一挙紹介!

Vol.1000

1000号ありがとう!
「より多くの日本人が暮らしやすい環境をつくりたい」。そうした願いを込めて2001年4月、無料週刊誌「NYジャピオン」が誕生した。立ち上げたTrend Pot NY社長、新谷哲士に創刊当時の思いやこれからの展開について聞いた。