巻頭特集

ニューヨークで満喫する冬遊び!

 

スキー/スノーボード
SKI/ SNOWBROAD

夏のキャンプ同様、冬のニューヨーカーはアップステートに足を伸ばして、スキーやスノーボードを楽しむのが定番だ。

ニュージャージーの「マウンテンクリーク」(入場料22ドル99セント〜)やアップステートの「サンダーリッジ」(入場料30ドル〜)に関しては、マンハッタンから約1時間30分と、意外と近い。冬季限定のスキートレインやバスを使えば簡単にアクセス可能だ。

他にも「ウィンダムマウンテン・スキーリゾート」、「ベライーアマウンテン・スキーセンター」も、公共交通機関を使えば、約2時間30分で真っ白な雪と戯れることができる。マンハッタンから日帰りで、大自然の中、喧騒(けんそう)を忘れてスポーツを楽しむというギャップがいい。

 

出掛ける際は、天候や交通機関の事前確認を忘れずに

【ココでできる!】

Mountain Creek
200 Rt. 94, Vernon, NJ 07462
TEL: 973-827-2000
mountaincreek.com
NYC Snow Bus」(nycsnowbus.com)または
Urban Sherpa」(urbansherpatravel.com)のバス 利用
(マンハッタンから約1時間30分)

Tunder Ridge
137 Birch Hill Rd., Patterson, NY 12563
TEL: 845-878-4100
thunderridgeski.com
「サンダースキー・パッケージ」購入で、
グランドセントラル駅からメトロノースのスキートレインに乗車
(マンハッタンから約1時間30分)


備えあれば憂いなし!
事前準備でもっと楽しく

出掛ける前の準備は万全に。ハイスペックのギアはもちろん、意外な小物が役に立つ。あると便利なグッズを紹介!

The North Face
(510 5th Ave. / thenorthface.com)

 

ダッフルバック

雪山では防水・耐水性に優れているものを選ぼう。こちらはボストンバッグ、バックパックの二通りの使い方ができる便利アイテム。サイズはXS(31L)からXL(132L)までと幅広く、収納力に定評あり! (Base Camp Duffle / The North Face

Paragon Sports
(867 Broadway / paragonsports.com)

 

インナー

トウガラシ成分入りで、過酷な環境下のウインタースポーツでも 体温を一定に保つことができる (Micro-Elite Chamois / Hot Chillys)

 

足用ホッカイロ

雪上での長時間の滞在には欠かせない! (Foot Warmer / Grabber

 


 

ウインタースポーツのあとは
スパであったか〜

遊び疲れて冷えた体は、スパやサウナで芯から温めて、風邪予防。ニュージャージー州エッジウォーターにある「ソージョー・スパクラブ」は、マンハッタンが見渡せる、地上100フィート以上のインフィニティープールが目玉。日本の温泉とはまた違った景色を堪能しながら、極楽気分! 施設内には他にも、韓国式のマッサージやサウナ、砂風呂など充実のメニューがそろう。

これらの施設が、50ドル(週末は65ドル)の入場料で、使い放題なのがうれしい。

雪山の寒さには砂風呂やサウナが有効!

 

マンハッタンを一望できる温水プール

Sojo Spa Club
660 River Rd., Edgewater, NJ 07020

ページ: 1 2 3

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1054

ちょっと拝見!
ニューヨーカーの
通勤バッグの中身

通勤バッグは、見た目に機能性にと、いろいろなポイントで選びたいところ。かつてはカッチリとしたブリーフケースのイメージも強かったが、職種や働き方の多様化に伴って選びも多くなってきた様子。バリバリ働くニューヨークの男性陣に、通勤バッグについて聞いてみた。(取材・文/菅礼子)

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)