巻頭特集

ニューヨークで満喫する冬遊び!

いよいよ本格的な冬が到来! 寒いのはちょっと苦手…という人も、真っ白な雪や氷を目の前にしたら、ワクワクが止まらない!? 寒いニューヨークの冬をとことん楽しめる、ウインタースポーツを一挙ご紹介。(取材・文/菅礼子)


新施設もオープン!
ますます楽しい冬遊び

冬の期間は冷え込みがグッと厳しくなるニューヨーク。寒い寒いと屋内に閉じこもっていてばかりでは、もったいない! 冬ならではの遊び方をマスターすることで、ニューヨークの冬を心から楽しめるはずだ。

遠出せずとも、マンハッタンやブルックリン、クイーンズで手軽に楽しめるウインタースポーツが多いのもニューヨークの特徴だ。アイススケートはその中でも代表格で、ご存知ブライアントパークの「バンク・オブ・アメリカ・ウインタービレッジ・リンク」(rink.wintervillage.org/スケートは18ドル〜、来年3月1日まで)、ロックフェラーセンターの「ザ・リンク」(therinkatrockcenter.com/25ドル〜、4月まで)は、摩天楼の中にあるスケートリンクとして有名。連日観光客でごった返している。

特にブライアントパークはアイススケートの他、リンクで行うキッズ向けのプログラムや、ゴムボートに乗ってリンクの上を滑る「バンパーカー」、ミニアイスホッケーのような「ブルームボール」などの変わり種アクティビティーも楽しめる。1月5日(日)までの期間限定で、カフェやホリデーショップもオープンしている。家族みんなでショッピングも楽しもう。

ロックフェラーセンターの「ザ・リンク」は90分のセッション制(25ドル〜)。VIP向けや、アイススケートと食事がセットになったプランもある。オケージョンによって使い分けたい。

「Big SNOW American Dream」のオープニングでは、五輪金メダリストのアルペンスキーヤー、リンゼイ・ボンさんが屋内ゲレンデを体験

 

ブライアントパークのスケートリンク

北米初! インドアな
ウィンタースポーツ施設

12月5日にニュージャージーで待望のオープンを果たしたのが、「ビッグ・スノー・アメリカン・ドリーム」。一年中、屋内で、本物の雪を使ったウインタースポーツを楽しめる施設としては北米で初とのことで、注目を集めている。

18万平方スクエアフィートという巨大な敷地の中にはスキー、スノーボード用の滑走路にリフト付き。最新機器を使い、冷水の霧から自然な雪を作り出している。アイスクライミングなども体験できるとか。もちろん各種レンタルが可能。

マンハッタンから車で約30分というアクセスの良さも魅力的だ。ポートオーソリティー・バスターミナルからは、ゲート305から30分に1本出ている、355エクスプレスバスで行くことができる。

施設内では子供から大人までのグループおよびプライベートレッスンもあり。ショッピング、フードエリアも充実しているので、レジャーパークのような感覚で訪れることができることだろう。入場チケット、各レッスンはウェブサイトから予約をオススメしたい。

ホリデーマーケットも充実!

Dream
1 American Dream Way
East Rutherford, NJ 07073
TEL: 973-864-6600
bigsnowamericandream.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1153

マインドフルに生きよう!

心や体を落ち着かせる効果があるとされるマインドフルネス。慌ただしく不安が尽きない日々の中で、生活に取り入れてみると少しは気持ちが楽になるかもしれない。すでに実践している人も未体験の人も、今号を読んでマインドフルネスについての理解を深めよう!

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。