巻頭特集

もう決めた?サマーキャンプ情報 2022

音楽系
フレンチウッズ・フェスティバル・オブ・パフォーミング・アーツ

プロ演奏家が指導する音楽キャンプ

音楽や演劇の勉強に取り組みたい小中高生におすすめしたいのが、ニューヨーク州北部のハンコックでフレンチウッズ舞台芸術祭が主催する本格音楽キャンプだ。開催は6月9日から9月4日までで、3、6、9、12週間と好きな期間を選べる。対象年齢は7〜17歳と幅広い。

同キャンプでは、クラシックだけでなくジャズやロックも深く学べるのが特徴。オーケストラでは楽器ごとにプロの指導者が付き、毎日数時間きめ細やかな指導に当たる。キャンプで会った友達と一緒にオーケストラで交響楽を演奏したり、ミュージカルの舞台を作ったり、映画を製作したり、といった共同作業の楽しさを味わえるのは格別だろう。

またロックプログラムでは、プロ仕様のレコーディングスタジオでの録音が体験でき、自作の曲のCD制作もできる。

豊かな環境と指導者の下で、夏の間に音楽の才能を伸ばしたい子供にはうってつけだ。

実施期間: 6月9日〜9月4日
199 Bouchoux Brook Rd.
Hancock, NY 13783
TEL: 607-637-8400
frenchwoods.com


アート系
メトロポリタン美術館

NYならでは! 世界の名作を徹底鑑賞

アメリカ最大の300万点もの所蔵品を誇るメトロポリタン美術館には、世界中のありとあらゆる一流美術品や名作が結集している。そんな同美術館を隅々まで探索し、館内のアトリエで専門家から絵画や彫刻など美術制作の指導を受けられるのが、同館主催のサマーキャンプだ。

プログラムは1週間単位で、小学校低学年(5〜8歳)用と高学年(9〜12歳)用の2タイプがある。毎日午前10時から午後4時までアクティビティーが用意され、午前中は同館のギャラリーを見学。フェルメール、ゴッホ、ピカソらの名画から、エジプト、ギリシャ、ローマの古代美術、そして楽器や衣装、建築まで、全て本物を専門研究員の解説付きで鑑賞することができる。昼には館外のセントラルパークでランチタイムを楽しみ、午後はアーティストと共に実際に絵画や彫刻などに取り組む。

通常は650ドルだが、会員になると550ドルに割引と、比較的リーズナブルな料金も魅力だ。

実施期間: 7月11日〜7月22日
1000 5th Ave.
TEL: 212-570-3961
metmuseum.org


まだ間に合う
注目サマーキャンプ

みらい塾
受講スケジュールや学習内容が1週間ごとに選べる自由なカリキュラムと低料金が魅力!
【期間】7月18日〜8月26日
【料金】160ドル(50分×5日間)〜
【対象】小中学生
63-52 Saunders St., Rego Park, NY 11374
TEL: 718-896-4729/miray109.com


あおぞらコミュニティー
今年は「日本むかし話」「日本一周旅行」キャンプの2コースで日本語をたくさん学べる。
【期間】7月5日〜8月19日
【料金】650ドル(1週間)〜
【対象】2〜8歳
535 Clinton Ave., 2nd Fl., Brooklyn, NY 11238
TEL: 347-721-3521/aozoracommunity.org


ニュージャージーこぐま幼稚園
七夕祭り、夕涼み会、サマーコンサート、夏祭りなど夏ならではの活動が充実!
【期間】7月1日〜8月31日
【料金】350ドル(1週間)〜
【対象】2歳半〜7歳
530 10th St., Palisades Park, NJ 07650
TEL: 201-944-6968/newjerseykogumayouchien.com


アルト
昨年9月にミッドタウンに開校した新しい補習校。科学実験や図工、脱出ゲームなどのプログラムを提供。
【期間】7月5日〜8月5日
【料金】1540ドル(2週間)〜
【対象】年長〜小学6年生
370 Lexington Ave., Suite 1804
info@alto-edu.com/alto-edu.com


ディスカバリープログラム
米系キッズスクール。アートや歌、屋外アドベンチャーなど、毎日元気いっぱいに遊べる!
【期間】7月7日〜9月9日
【料金】304ドル(2日間)〜
【対象】3〜4歳
214 W. 97th St.
TEL: 212-749-8717/discoveryprograms.com


サマーライジング
ニューヨーク市が主催する無料のサマープログラムが今年も開催!
【期間】7月5日〜8月19日
【料金】無料
【対象】1〜8年生
summer@schools.nyc.gov
schools.nyc.gov


サマーキャンプお役立ちグッズ

おしゃれかつ便利な子供用サマーキャンプグッズを紹介!今年のキャンプまでに準備しておこう。

ミニほおずき

手のひらに収まる「スノーピーク」の小型LEDランタン。材質はシリコン製で柔らかいのでキッズにも最適。ひもを通して吊るしたり、磁石が付く鉄製品にも装着できる。単4電池3本で連続40時間稼働。44.95ドル。

snowpeak.com


スイムウェア

1日の大半を屋外で過ごすキャンプで、日焼けやけがを防ぐのがラッシュガードの水着やシャツだ。「REI」のラッシュガードはリサイクルのポリエステルによる最新素材製で、乾きやすく体にフィットする。日焼け防止効果があり、一日中着ていても安心だ。39.95ドル。

rei.com


ランブラー・キッズ・ボトル

世界のキャンパーや登山家から信頼を得ているブランド「イエティー」のキッズ用水筒もキャンプに役立つ。「真空二重構造」で保冷・保温が抜群で、子供の使用を配慮した安全な材質やネジの作りを採用している。どんなにハードに扱っても中の液体が漏れないのがうれしい。25ドル。

yeti.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。