巻頭特集

ピザ激戦区・ニューヨークでも「名店」とうたわれる店を食べ比べてみよう

ピザの数だけ味がある!
1度は食べてみたい人気店


老舗店(ナポリピザ)

John’s of Bleecker Street
ホール販売/屋内席あり

 

グリニッジビレッジにあるこの店の歴史は、なんと1929年までさかのぼる。リトルイタリーの「Lombardi’s」(1905年!)、ブルックリン区コニーアイランドの「Totonno’s Pizza」(1921年、現在は休業中)などに次ぐ、ニューヨーク市内ではかなり老舗の一つだ。イタリアはナポリ出身の創業者ジョン・サッソ氏が始めた炭火焼きピザは、現在も彼の一族によって作られている。トマトとモッツァレラベースのピザに、自分で好きにトッピングを乗せていくのがこの店の流儀。香ばしさがたまらない、いい意味でオール・タイムズ・ベストなピザだ。

278 Bleecker St./johnsofbleecker.com


最大級(ニューヨークピザ)

Koronet Pizza
一切れから/屋内席わずか

 

昔ながらの地元の名店が点在する、西110ストリートの小さなピザ店。名物は、「1981年以来ニューヨークで最大のスライス」をうたう「Jumbo Slice」だ。一切れ(写真は中央にカットが入っているが、これで1枚分)で通常の2枚分はあるんじゃないかという、サクサクでジューシーなピザは満足度高し! シンプルだが不思議と飽きの来ない、スナックタイムの愛されメニュー。この大きさのインパクトはぜひ自身の目で確かめてみてほしい。

2848 Broadway/koronetpizzany.com


人気店①(ニュー・アメリカン・ピザ)

Roberta’s
ホール販売/屋内席あり

 

ブルックリン区ブッシュウィックは、この店ができたことで盛り上がり始めたともいわれる。2008年創業で、当時のヒップスター文化を反映したカジュアルな店舗デザインが特徴的だ。暖かくなったら庭園(ヤード)席も利用したい。過去に何度も「全米ベストピザ」に選ばれたこともあるピザは、生地がかなり薄くて柔らかい。「bee sting」はハチミツとピリ辛のチリペッパーの組み合わせが病みつきになる逸品だ。ホールサイズもぺろりといけることだろう。

261 Moore St., Brooklyn, NY 11206/robertaspizza.com/bushwick


人気店②(シチリアピザ)

Prince Street Pizza
一切れから/屋内席わずか

 

いつ足を運んでも列ができている、ソーホー屈指の人気店。壁際の4、5席と屋外の数席しかないので、店で食べたい人は立ち食いを覚悟すること。その代わり客の回転も早い。スパイシーなペパロニが乗った四角いピザが、同店の看板メニュー。生地はパンのようにふっくらしており、手に持つとずっしり重厚感がある。オイルしたたる一切れは、かなりカロリーが高そうだ…。ちなみに三角形のピザも販売している。

27 Prince St./princestreetpizzanyc.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1099

元祖ソウルフード ピザ魅力

「アメリカらしさ」「ニューヨークらしさ」が揺らいでも、ピザのうまさは揺らがない。ピザ激戦区・ニューヨークでも「名店」とうたわれる店を食べ比べて、その奥深さに思いをはせてみよう 。

Vol. 1098

春ファッションが楽しくなる かわいい小物にくびったけ!

いよいよ春が到来! 不安の尽きない日々だけど、お気に入りファッションに身を包めば自然と気分もアップするはず。トレンドの小物を取り入れて、今ならではの春ファッションをエンジョイしよう!

Vol. 1097

まだまだ不安の多い時代だからこそ

今すぐ実践 ストレス解消法を一挙紹介!

春の気配とワクチンの普及を感じながらも、まだまだ続く寒さとコロナによって、閉塞感や不安を抱えている人が増えている。身近に手軽にできるものから、ちょっと足を伸ばして行えるストレス解消法までを一挙ご紹介。ストレスを手放し、心身共に健康な状態で春を迎えよう!

Vol. 1096

屋内飲食が本格スタート!市内飲食店の今

予想以上に苦境が続く、ニューヨーク市内の飲食業。屋内営業の現状はどのようなものだろう?