巻頭特集

チーズ!チーズ!!チーズ!!!

アメリカ産チーズコレクション

アメリカ国内外のさまざまな上質チーズを販売する「ベッドフォード・チーズ・ショップ」のマンハッタン店では、初心者向けのチーズ作り教室も開催している。次回のクラスは3月18日(水)で、家庭で簡単にできるブラータチーズの作り方をレクチャー($100)!

 

Bedford Cheese Shop

67 Irving Place265 Bedford Ave., Brooklyn, NY 11211
bedfordcheeseshop.com


2019年度全米チーズチャンピオンシップで第2位に輝いた、クリームチーズ「Kunik」を製造するのは、1990年から続くアップステートの農場。ヤギ乳は少し癖のある味だが、うま味が濃縮されていて食べ応えあり。

Nettle Meadow Farm (NY)

nettlemeadow.com


酪農大国ウィスコンシンにあるアップランドチーズは、二つの家族が共同経営。2010年度全米チーズチャンピオンシップをはじめとした数々の受賞歴を持つ「Pleasant Ridge Reserve」の「Extra Aged」バージョンは、香り高く味わい深い逸品だ。

Upland Cheese (WI)

uplandscheese.com


チーズを作り続けて35年以上、バーモント州で家族経営している小さな製造所。看板商品は、アメリカン・チーズ・ソサエティーが「アメリカン・オリジナル」と認定した銘柄「Cornerstone」。さっぱりとした後味が特徴だ。

Parish Hill Creamery (VT)

parishhillcreamery.com


バーモント州にある酪農場兼製造所。今回、店員のサラさんがピックアップしたチーズのうち、実に3種類がこのブランドだ。スコットランド原産のエアシャイア(Ayrshire)が生産する牛乳を使っている。銘柄は(左から時計回りに)「Bayley Hazen Blue」、「Cave Aged Cheddar」、「harbison」。

Jasper Hill Farm (VT)

jasperhillfarm.com


伝統的なチーズ料理が食べたい!

 

実は家庭料理だって知ってた?

ラクレット

ヨーロッパからニューヨークにやって来たオーナーが、「本格的なラクレットが恋しい!」と2012年にイーストビレッジにオープンしたレストランが、その名も「ラクレット」。アルプス地方で生産されたチーズだけを使う、こだわりの本格店だ。本場ではジャガイモや野菜にたっぷりチーズをかけるのだが、レストランで食べる物ではなく、各家庭で楽しむ料理だそうだ。

チーズは6種類以上のフレーバーが選べる。写真のものはパプリカ配合で、ちょっとしたピリ辛のアクセントが飽きさせない。冷えたら硬くなってしまうので、トロリととろけ落ちるところを撮影したら、すぐに食べよう! お供にはベルギービールを。

 

 

Raclette

1511 E. 12th St.raclette.nyc


気軽にシェアしてディップ!

チーズフォンデュ

今年2月にローワーイーストサイドでグランドオープンしたばかりの、バー「プリティー・リッキーズ」は、3種類以上のチーズとラガービールを混ぜ合わせた、ミニ・チーズフォンデュを提供。フォンデュといえば大鍋いっぱいにチーズが溶けているイメージだが、同店のものは小ぶりな食べきりサイズ。火にかかっていなくても、最後までちょうどいいトロトロ具合だ。塩気のきいたコクには、ラガーの他に甘めのサイダーもマッチ。

ちなみに店側の禁断のオススメが、特製フライドポテトにディップすること! おいしいもの同士のコラボ、これは間違いない。

 

Pretty Ricky’s

101 Rivington St.
prettyrickys.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!

Vol. 1175

いよいよ開幕!ワールドカップ攻略ガイド

今月20日に開幕するワールドカップカタール大会。次の2026年大会ではアメリカ・カナダ・メキシコの3カ国共催が決定し、ここニューヨーク・ニュージャージーで試合が行われることからも注目度が高い。今号を読んでワールドカップ観戦前の予習をしておこう!

 

Vol. 1174

11月8日まで秒読み 中間選挙について知りたい

大統領選挙と並んで米国政治の行方を左右する中間選挙が目前だ。有権者が重視する問題、ニューヨーク州と勝敗の鍵を握る注目州の候補者について解説する。