巻頭特集

はじめてのターキー物語。

 

● 伝統 

オレンジターキー(6~8人分)

今回協力してくれた先生
Hatsune Naturmanさん

双子含む4児の母。五つ以下の食材で作る、おもてなし料理教室「Five or Under」を主宰。
ニュージャージー州チャタムと、マンハッタン・ユニオンスクエアにて開催中。子供連れも参加歓迎。
(ひでこコルトンさん主宰「NY*おもてなし料理教室」認定校)
【問い合わせ】
five-or-under.comInstagram: @fiveorunder

 

1. ブライン液を作る

①オレンジは皮を向く。ニンニクも皮ごと横向きに切る。

②大きめの鍋を用意し水4リットルとブライン液材料全てを入れ、塩と砂糖が溶けるまで火にかける。

③室温程度まで冷めたら、ブライン液の完成。

 

ブラインは、塩水や砂糖水などに肉を浸し下味を付ける調理法。これにより肉がしっとりジューシーになる

 

2. ターキーの下処理

①冷凍のターキーを室内または冷蔵庫で解凍する。

②ターキーの首またはお尻側の穴から、中の首や内臓の入ったパッケージを取り出す。足を結んでいるビニールのタイは、調理後まで切らないこと。

 

ターキーの解凍は室内でも約10時間かかるので、前日から準備する

 

3. ターキーをブラインする

①市販のブライン用のビニール袋にターキーを入れ、上からブライン液を注ぎ入れる。

②ターキーが全てブライン液に浸かるように、しっかりと袋を締め上げる(袋の容量が大きすぎることが多いため、ねじり上げたり、ダクトテープで横を止めてしっかりと浸かるようにする)。

③しっかりと浸かった状態で冷蔵庫に入れ、12〜24時間ブラインする。

4. ターキーを焼く

①オレンジは皮ごと4等分、ニンニクは皮ごと2等分にする。

②常温バターをボールに入れ、塩、ニンニクチューブ、残りのローズマリーの葉とタイムの葉(どちらも枝を削ぎ落とす)を混ぜ合わせる。

③ロースターまたは天板にタイムとローズマリーを数本置き、その上にターキーを置く。

④オレンジ、ニンニク、ローズマリー、タイム各数本を、ターキーの腹の中に詰める。

オーブンで3〜3時間30分加熱。1時間に1回ほど余ったバターをハケでターキーに塗りつける。中央の温度がカ氏165度まで上がったら完成!

 

⑤ターキーの胸肉側、皮と肉の間に手を入れ混ぜ合わせたものを塗り込む。もも肉など他部分は皮の上から隙間なく塗り込み余ったバターは取っておく。

⑥クミンを満べんなくふりかけ、カ氏350度に予熱したオーブンの中段に、ロースターごと入れる。

 

完成!!

オーブンで3〜3時間30分加熱。1時間に1回ほど余ったバターをハケでターキーに塗りつける。中央の温度がカ氏165度まで上がったら完成!

 

ポイント1 

切り分ける際、ダークミート(もも肉)、ホワイトミート(胸肉)を分けておくと、ゲストが好みの部位を選びやすい。

 ポイント2

焼いた後のロースターにたまった焼き汁(グレービー)は、そのままグレービーボートに移し、塩を足してから一緒にサーブする。

 ポイント3

ターキーは、触ってしっかりと肉がついている方が胸肉側。その反対側が背中側。焼く時には、胸肉側を上にして焼く。

 

 

材料

ターキー …………………….12-14lb

オレンジ ………………………….1個

ニンニクチューブ………大さじ3

※生のニンニクすり下ろし可

ニンニク …………………………1個

塩 ……………………………小さじ1

クミン …………………………..適量

バター……………………………..1本

(大さじ8相当、常温)

フレッシュローズマリー…. 7本

フレッシュタイム …………..12本

<ブライン液の材料>

塩 ………………………….1/2カップ

砂糖…………………………. 1カップ

オレンジ ………………………..1個

フレッシュローズマリー …..3本

フレッシュタイム …………….8本

ニンニク ………………………….1個

ブライン用のビニール製の袋

※味は変わるが、市販のブライン液セットもある。

 

日本人はダークミートを、アメリカ人はホワイトミートを好む人が多い

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1099

元祖ソウルフード ピザ魅力

「アメリカらしさ」「ニューヨークらしさ」が揺らいでも、ピザのうまさは揺らがない。ピザ激戦区・ニューヨークでも「名店」とうたわれる店を食べ比べて、その奥深さに思いをはせてみよう 。

Vol. 1098

春ファッションが楽しくなる かわいい小物にくびったけ!

いよいよ春が到来! 不安の尽きない日々だけど、お気に入りファッションに身を包めば自然と気分もアップするはず。トレンドの小物を取り入れて、今ならではの春ファッションをエンジョイしよう!

Vol. 1097

まだまだ不安の多い時代だからこそ

今すぐ実践 ストレス解消法を一挙紹介!

春の気配とワクチンの普及を感じながらも、まだまだ続く寒さとコロナによって、閉塞感や不安を抱えている人が増えている。身近に手軽にできるものから、ちょっと足を伸ばして行えるストレス解消法までを一挙ご紹介。ストレスを手放し、心身共に健康な状態で春を迎えよう!

Vol. 1096

屋内飲食が本格スタート!市内飲食店の今

予想以上に苦境が続く、ニューヨーク市内の飲食業。屋内営業の現状はどのようなものだろう?