巻頭特集

はじめてのターキー物語。

感謝祭まであと少し。今回は料理研究家、ネイチャーマン初音先生によるターキー(七面鳥)の伝統料理と簡単バージョンを紹介する。


感謝祭の起源って?

アメリカの感謝祭(Thanksgiving Day)は、毎年11月の第4木曜日が祝日と設定されている(年によって日にちは変わる)。政府機関、職場、学校など、全てが休みになり、前日の水曜や翌日金曜日とまとめて連休を取る人が多い。

では、感謝祭の習慣は実際いつから始まったのか? ターキー料理は食べたことがあっても、そもそもの起源について、知っているという人は少ないのではないだろうか。

それは1621年、イギリスからアメリカへ移住したピルグリム(ピューリタン=清教徒)たちの辛い経験がきっかけとなっている。彼らは、メイフラワー号での2カ月間の苦しい航海の末、アメリカに到着。新天地の厳しい冬に食べ物もなく、冬を越す間に多くの仲間を失ったそうだ。

しかし、そんな彼らを救ってくれたのが、先住民のネーティブアメリカンたち。次の年の冬、彼らの知恵を学び、充分年を越せるだけの収穫を得たピルグリムたちは、感謝の意を込めて、ネーティブアメリカンを丸3日間の祝宴に招待した。長いテーブルにターキーや野菜などの料理を並べ、感謝の祈りを捧げ、ピルグリムとネーティブアメリカンたちが手を取り合い、歌い踊った。

一方、現在の感謝祭は、家族や友人らが集い、ターキーの他、たくさんのごちそうをおなかいっぱい食べたり、テレビでアメリカンフットボールの試合を観戦したり、外でショッピングを楽しんだりするのが定番となっている。

次からは、伝統的なターキー料理のレシピと、初心者でもできる簡単バージョンのレシピを紹介。せっかくの祝日、アメリカに住んでいるからこそ、この機会に大切な人へのおもてなしとして、手作りターキーに挑戦し、楽しい感謝祭を過ごしてみるのはどうだろう。

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1100

今こそ学ぶ 日本人と米国の歴史

世界中から移民が集まる米国は日本と異なり、まだまだ歴史が浅い若い国だ。日本の先駆者たちが海をわたり、文化や社会の違いを学び、日本の発展に貢献した。しかし私たちは、その歴史をほとんど知らないまま米国に住んでいる。今号では、そういった歴史の一部を紹介していく。

Vol. 1099

元祖ソウルフード ピザ魅力

「アメリカらしさ」「ニューヨークらしさ」が揺らいでも、ピザのうまさは揺らがない。ピザ激戦区・ニューヨークでも「名店」とうたわれる店を食べ比べて、その奥深さに思いをはせてみよう 。

Vol. 1098

春ファッションが楽しくなる かわいい小物にくびったけ!

いよいよ春が到来! 不安の尽きない日々だけど、お気に入りファッションに身を包めば自然と気分もアップするはず。トレンドの小物を取り入れて、今ならではの春ファッションをエンジョイしよう!

Vol. 1097

まだまだ不安の多い時代だからこそ

今すぐ実践 ストレス解消法を一挙紹介!

春の気配とワクチンの普及を感じながらも、まだまだ続く寒さとコロナによって、閉塞感や不安を抱えている人が増えている。身近に手軽にできるものから、ちょっと足を伸ばして行えるストレス解消法までを一挙ご紹介。ストレスを手放し、心身共に健康な状態で春を迎えよう!