巻頭特集

はじめてのターキー物語。

感謝祭まであと少し。今回は料理研究家、ネイチャーマン初音先生によるターキー(七面鳥)の伝統料理と簡単バージョンを紹介する。


感謝祭の起源って?

アメリカの感謝祭(Thanksgiving Day)は、毎年11月の第4木曜日が祝日と設定されている(年によって日にちは変わる)。政府機関、職場、学校など、全てが休みになり、前日の水曜や翌日金曜日とまとめて連休を取る人が多い。

では、感謝祭の習慣は実際いつから始まったのか? ターキー料理は食べたことがあっても、そもそもの起源について、知っているという人は少ないのではないだろうか。

それは1621年、イギリスからアメリカへ移住したピルグリム(ピューリタン=清教徒)たちの辛い経験がきっかけとなっている。彼らは、メイフラワー号での2カ月間の苦しい航海の末、アメリカに到着。新天地の厳しい冬に食べ物もなく、冬を越す間に多くの仲間を失ったそうだ。

しかし、そんな彼らを救ってくれたのが、先住民のネーティブアメリカンたち。次の年の冬、彼らの知恵を学び、充分年を越せるだけの収穫を得たピルグリムたちは、感謝の意を込めて、ネーティブアメリカンを丸3日間の祝宴に招待した。長いテーブルにターキーや野菜などの料理を並べ、感謝の祈りを捧げ、ピルグリムとネーティブアメリカンたちが手を取り合い、歌い踊った。

一方、現在の感謝祭は、家族や友人らが集い、ターキーの他、たくさんのごちそうをおなかいっぱい食べたり、テレビでアメリカンフットボールの試合を観戦したり、外でショッピングを楽しんだりするのが定番となっている。

次からは、伝統的なターキー料理のレシピと、初心者でもできる簡単バージョンのレシピを紹介。せっかくの祝日、アメリカに住んでいるからこそ、この機会に大切な人へのおもてなしとして、手作りターキーに挑戦し、楽しい感謝祭を過ごしてみるのはどうだろう。

 

 

ページ: 1 2 3

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1057

春よ来い、
花よ来い!

暦の上ではまだだが、暖冬で花も少しずつほころびはじめ、春らしさを街中で感じるようになってきた。

そこで今号では、気軽に行けるマンハッタンのガーデンと、スケールの大きい郊外のガーデンを紹介。

Vol.1056

サッカー
観に行こうぜ!

アメリカでもサッカーは大人気。男子は今季リーグが始まったばかり。女子も4月から開幕するのをご存知だろうか?サッカーをやったことがある人、観戦好きな人、そして初めて観るという人も、今号を読んで、競技場へ応援しに行こう!

Vol.1055

チーズ!チーズ!!チーズ!!!

今号の巻頭では、みんな大好きなチーズを大特集!アメリカ、特にニューヨークには美味しい地元産チーズや、絶品チーズ料理を提供するレストランがレストランがたくさんある。これを知らずしてニューヨークは語れないぞ!(取材・文/南あや)

Vol.1054

ちょっと拝見!
ニューヨーカーの
通勤バッグの中身

通勤バッグは、見た目に機能性にと、いろいろなポイントで選びたいところ。かつてはカッチリとしたブリーフケースのイメージも強かったが、職種や働き方の多様化に伴って選びも多くなってきた様子。バリバリ働くニューヨークの男性陣に、通勤バッグについて聞いてみた。(取材・文/菅礼子)