巻頭特集

はじめてのターキー物語。

● 伝統 

ターキーコンフィ(4人分)

 

 

①ターキーレッグをシートパンに並べ、セロリソルトとクミンを両面にしっかり揉み込み、ローズマリーとタイムの半量をまぶす。

②ニンニクは皮ごと、横向きに半分に切る。

③スロークッカーにターキーレッグ、残りのローズマリー、タイム、ローリエ、ニンニクを入れ、しっかりと浸るまでオリーブオイルを注ぐ。

④電源を入れ、ターキーが柔らかくなるまで煮込む(目安は約4時間)。

※圧力鍋は厳禁!

 

完成‼︎

 

ポイント1

フライパンで皮をパリッとなるように焼いてからサーブすると、よりおいしくなる。

ポイント2

オリーブオイルの代わりに、ダックファット(鴨の油)を使うと、さらにおいしく仕上がる。

ポイント3

スロークッカーがない場合、ル・クルーゼなど厚手鍋に入れふたをし、カ氏250度のオーブンで約4時間加熱。オリーブオイルがあふれるのを防ぐため、容量の1/2〜2/3に収める。

 ポイント4

マスタードやマヨネーズを付けてもおいしい。

 

 

材料

ターキーレッグ …………………………4本

※胸肉、ドラムスティックも可

セロリソルト…………….小さじ2杯ほど

フレッシュローズマリー…………….4本

フレッシュタイム …………………….10本

クミン………………………………………適量

ニンニク…………………………………….1個

ローリエ ……………………………………2枚

オリーブオイル …………..1瓶(750ml)

 

 

<ターキーの付け合わせ>

付け合わせは、芽キャベツのソテー、スイートポテトのマッシュ、スクワッシュのロースト、キャセロール、マッシュポテトなどが代表的といわれている。一方、イタリア家系ではラザニア、インド家系は豆のサラダなど、それぞれの背景が色濃く現れるのも面白いところ。

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。