【写真レポ】グラセン〜ブライアントパーク

先日のセントラルパーク臨時病院のテント撮影後、グランドセントラル駅へと降りてみました。

 

グラセン駅手前のMetLifeビル。通りを走るランナー以外、人がほとんどいません。

いつもは賑わっているグラセンも人通りがまばらで、しーんとしています。

メトロノースのホームは完全無人です。

構内には、封鎖エリアも。

唯一営業中だったZaro’s。コーヒーを飲みたい人には救いの場所ですね。

グランドセントラル 駅の外は人がほとんど歩いていないため、ホームレスの人が集団で固まっていたり、少しいつもとは違う雰囲気でした。

 

グラセンから移動して、5アベニューにある公立図書館へ。閉館中の同館の今年125周年という垂幕が、なんとも切ないです。

そのまま、ブライアントパーク へと移動。噴水の前も、普段の賑やかな様子とはかけ離れています。

椅子やテーブルは設置状態のまま。家で落ち着いて仕事のできないフリーランサーなどが、カチカチとパソコン作業を進めていたり、休憩を取る人の姿も。

親子の姿が微笑ましく見えるメリーゴーランドには、今まで見たことのないカバーが!

中心地なのに閑散としていて、撮影中に清掃員にも声を掛けられました。

一体いつまでこのような状態が続くのか…。

次回はタイムズスクエアの様子を紹介します。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1089

風水&手相2021年の運気アップ!

暗くつらい日々が続くなら、自分なりに運命を知り、切り開くのも大切な考えだ。風水と手相の先生に、新しい自分に出会うためティップを教えてもらおう! 

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?