【写真レポ】セントラルパーク臨時野戦病院

自粛生活も3週目に突入。

米軍の病院船「コンフォート」も到着。この船では、新型コロナウイルス以外の患者の治療を行うそうです。一方、マンハッタンのセントラルパークではコロナウイルス感染者の治療のため、臨時テントを建設。3月30日から設置が始まり、4月1日から感染者搬送が始まりました。

編集部は同1日、西側から東側へ公園内を移動し、99ストリート(5アベニュー上)へと向かいました。


普段は子供たちが練習する野球場も無人。

リスはいつもと変わらず駆け回っています。

春らしい花も咲いています。

101ストリート辺り。そろそろ白いテントが見えてきました。この臨時施設は、向かいに建つマウントサイナイ病院に入院した感染者の治療が目的だそうで、慈善団体「サマリタンズ・パース」が運営しています。

まだ患者搬送が少ないのか、医療関係者の姿もまばら。

5アベニューの通りに出て、搬入口にも近寄ってみました。

一般車両は規制中のため、NYPDの姿も。報道関係者だけでなく、近所に住む人やランナーの姿もあり、意外と人が多かったです。

99ストリート側からの眺めは、よりテントが近く見えます。まるで野戦病院です。

サイレンの音も鳴り響き、物々しい雰囲気と自然に溢れる公園のアンバランスさが、異様な空気を醸し出しています。

「まだピークに達していない」という、ビル・デブラシオ市長の発言のとおり、何もできない私たちができることは、「政府の指示に従い自粛をする」「健康を維持しながら感染しない」この二つのみですね。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。