この店の話題をひとくち

【卯月】徹底的に「健康と本物」にこだわった手打ち十割蕎麦を堪能

卯月

徹底的に「健康と本物」にこだわった手打ち十割蕎麦を堪能

「鴨塩蕎麦(42ドル)」は長時間鴨を煮込んだ濃厚かつあっさりとした究極の鴨スープに蕎麦が絡み口の中で旨味が一気に広がる。ロースト、コンフィ、北京ダックと三種の鴨肉のった贅沢な一皿

All Photos by Kenji Yamagata

今話題のグリーンポイント地区に十割蕎麦が味わえる店がオープンした。大きな暖簾を潜るとそこはお寺の境内を思わせる神秘的な空間。オーナーで手打ち蕎麦職人の小谷修一さんは「健康と本物」にこだわり、つなぎを一切使用せず有機栽培された蕎麦粉のみを使用した完全グルテンフリーの十割蕎麦を提供している。二八蕎麦に対し保存性が低く、扱いが難しい十割蕎麦は、食べられる店が日本国内でも珍しく、ニューヨークマガジンでは同店の特集が組まれるほどで、米国大手メディアからも注目を浴びている。

「デラックス刺身蕎麦(72ドル)マグロやボタン海老などの刺身が贅沢に盛られた芸術的な一皿。肉厚の新鮮な刺身と喉越しのよい冷たい蕎麦の調和が実に素晴らしく、驚くほど美味しい。

「蕎麦焼き味噌(14ドル)」香ばしい蕎麦の実と紫蘇が絡み合いクセになるお味。ぜひ日本酒とともに

 

蕎麦の実を使用した胡麻豆腐、焼き味噌などの一品料理をはじめ、贅沢な海鮮がふんだんに盛られた刺身蕎麦や、薬味と野菜たっぷりの十割蕎麦などが味わえる。中でも、肌寒くなってきたこれからの季節に味わいたいのが鴨塩蕎麦。12時間かけて煮込んだ鴨肉の旨味が溢れるスープに、ネギの味がたっぷり堪能できる焦ネギや柚子とすだちの酸味がキリっと効いて、スープを飲み干すお客が続出なんだそう。最後は、水々しい蕎麦寒天や香ばしい蕎麦アイスクリームなど、終始蕎麦の奥深さと魅力を満喫できる。


卯月 -Uzuki-

95 Guernsey St., Brooklyn, NY 11222

uzuki-ny.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。