巻頭特集

ロシア人街のブライトンビーチで郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランをご紹介

ブライトンビーチで見つけたフクースナな食べ物
その一部をご紹介!

そばの実(グレーチカ)
Gold Label ($2.99)

そばの実で作るロシアの郷土料理カーシャ。そば好きの日本人にもたまらない味だ。肉や魚料理のサイドにすれば、一食(ワンディッシュ)で完結する。

【カーシャの作り方】

①そばの実1カップはフライパンで5~6分、軽くいっておく。

②鍋に水1.5カップを入れ沸騰させる。沸騰したら、塩とバター少々を加え、火を弱め①を入れる。

③好みで野菜やキノコなどを加え、よくかき混ぜて蓋をして約15分煮る。

④火を止め、そのまま10分ほど蒸す。


丸ごとサバの燻製(スモークドスクンビア)
Gold Label ($7.49/1パウンド)

そのままテーブルに出せば、パーティートークのきっかけにもなりそう。フィッシュサラダ(ディップ)にすれば、日持ちもする。サンドイッチにしても。

 

【燻製サバのディップの作り方】

①サバの燻製の身をスプーンなどで掻き出し、ボウルに入れる。

②刻んだセロリ、タマネギ、シアントロ、ハラペーニョとマヨネーズ、塩、コショウ、ガーリックパウダー、レモン汁を①に入れ、なめらかになるまでよく混ぜ合わせる。*サバと野菜、調味料のバランスは味を見ながら各自で調整すること。


トルコ菓子3種
Gulluoglu Baklava Cafe
バクラバ ($1.50~)、カザンディビ ($5.25)、
ピスタチオをまぶしたロクム ($2.50)

 

甘味大国トルコが世界に誇るお菓子、バクラバ。ロクムの中身はチョコ。カザンディビは米粉で作るプリンで、さっぱり味が特徴。「ゴルアグル」はトルコ・イスタンブールのあるバカルバの有名店。ブライトンビーチにある直営店&カフェでは12種類のバクラバの他、トルコのスイーツが勢ぞろい。

•Gulluoglu Baklava Cafe

239 Brighton Beach Ave. (gulluoglubaklava.com


ピクルス3種
なめこ ( Brighton Bazaar $3.59/580ml)、
トマト (NetCost Market $2.49/810g)、
ガーリック (Toné Café $5.8/5個)

 

サラダやオムレツに入れたり、おつまみにして食べても。アイデア次第でいろいろ楽しめる。

•Brighton Bazaar

1007 Brighton Beach Ave.

•NetCost Market

1029 Brighton Beach Ave.
netcostmarket.com


ロシア風揚げパン(ピロシキ)
Piroshki Vendor ($2)

肉やキャベツ、ホウレンソウ、ジャム、チーズ入りなど種類も豊富。隣の店ではサモサも販売している。

•Piroshki Vendor

504B Brighton Beach Ave.


ザクロの濃縮液(ナルエキシシ)
Vintage Speciality Food ($5.29)

 

 

ザクロ果汁100%。炭酸水で割ったりサラダにかけても。赤ワインに入れると甘酸っぱくなる。


ナッツの蜂蜜漬け
Vintage Speciality Food ($5.99)

蜂蜜の中にはピーナッツ、へーゼルナッツ、ピスタチオ、アプリコットの種がぎっしり。


ロシアンティー
Gold Label ($6.9)

 

セイロンティーにベルガモットとバニラで風味付けをした紅茶。ブリキのティン缶が素敵だ。

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1130

今年は75周年のメモリアルイヤー! NBAを見に行こう!

レギュラーシーズン開幕から約1カ月。創設75周年を迎えたNBAは、今季ならではのイベントが盛りだくさんだ。今、話題のNBA系YouTuber、Rikuto AFさんとニコラス武さんの解説と共に、その魅力を紹介する。

Vol. 1129

NYC新市誕生! エリック・アダムス氏を解剖

2日に行われたニューヨーク市の市長選で民主党のエリック・アダムス氏が当選し、次期ニューヨーク市長に就任する。エリック・アダムス氏とはどんな人物なのか? そして今後のニューヨークはどう変わるのか?

Vol. 1128

ビザ最新情報 2021秋冬版

2023年度DV(移民多様化)抽選永住権の米国務省受付が、9日正午で終了した。今号では、H、E、L、Oビザなどの非移民ビザや永住権に関する最新情報を紹介する。

Vol. 1127

今年は何する? もうすぐサンクスギビングデー!

いよいよサンクスギビングデーがやってくる。今年は例年のパレードも復活し、感謝祭ディナーに大セールと楽しいイベントがめじろ押し。日本人にはなじみない文化とはいえ、せっかくアメリカに住んでいるのなら目いっぱい楽しまなきゃ損! 今号はそんなサンクスギビングを存分に満喫するための情報をお届けする。