巻頭特集

ロシア人街のブライトンビーチで郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランをご紹介

ブライトンビーチグルメ

レストランで食事をした後、ロシア語が飛び交う通りをぶらぶら歩きながらお買い物。あれこれ買って荷物になっても心配ご無用、地下鉄の駅はすぐそばだ。


古代シルクロードに思いをはせる
1.カシガルカフェ Kashkar Cafe

新疆(しんきょう)ウイグル自治区およびウズベキスタン料理の店。ユーラシア大陸の心臓部、古代シルクロードに位置する同地域はモンゴル、ロシア、カザフスタン、アフガニスタンなどの国々と国境を接し、さまざまな民族が暮らしている。中国とイスラムの文化が混じり合い、食べ物も独自の形で発展した。

ピリ辛味のボソラグマン(左)。トマトと玉ネギ、青唐辛子、塩だけで作ったアチチュクは、ウズべキスタンの代表的なサラダ

メニューの中心は、ラグマンと呼ばれる小麦粉と塩だけで作る手延べ麺。うどんをさらにシコシコさせた感じだ。ラム肉やセロリ、赤ピーマン、タマネギなどの野菜を7~8種類のスパイスで炒め、自家製ラグマンに混ぜて食べるギュロラグマンと、麺と具を一緒に炒めたボソラグマンがあり、具によって10種類から選べる(13.99ドル~14.99ドル)。他に、ラグマン入りのスープやサモサ、シシカバブ、マンティー(包子)もある。

 

赤い日除けとブドウの葉の飾りが目印

 

1141 Brighton Beach Ave.
near Brighton 15th St.


ジョージア料理を食べるなら
2.トーンカフェ Toné Café

コーカサス山脈の南、黒海の東に位置するジョージア(グルジア)は、1991年に旧ソ連から独立。黒海沿岸部は温暖な気候に恵まれているため、ワインの産地としても有名だ。ここでは、ジョージア料理をヨーロッパでもブレーク中のジョージアワインと共に楽しめる。

アジャルリハチャプリは真ん中の生卵とチーズ、バターを混ぜて、ピザ生地ですくって食べる

おすすめは、ユーラシア大陸の伝統的な土窯であるトネで焼いたジョージア風ピザ、アジャルリハチャプリ(13ドル)。サイドには、くるみとホウレンソウ、ナス、インゲンで作ったパテ、プカリ(13ドル)を注文しよう。ヒンカリはジョージア風小籠包のような一品(12~14ドル)。尖っている部分を指でつまみ、フォークで穴を開けて中の熱いスープをすすり、それから具を食べる。コリアンダーとフェヌグリークで香り付けした牛肉と米、くるみのスープ、カルチョ(9ドル)もお忘れなく。

 

周辺で一際、目立つ外観。テラス席も充実

 

ヒンカリは豚肉またはラム肉から選べる

265 Neptune Ave.
near Brighton 6th St.


ナッツやドライフルーツは160種類以上
3.ビンテージ・スペシャリティー・フード
Vintage Speciality Food

映画「チャーリーとチョコレート工場」の世界観のような店。ナッツとドライフルーツは160種類以上。他にお茶、蜂蜜、ジャム、プチスイーツ、各種ピクルスなど、黒海周辺諸国からの輸入食品を販売する。

ウォンカが出てきそうな店内

トルコ産のピスタチオやバラの香りのロクム、ロシア伝統のブラックソーンジャムやモルドバ産のサワーチェリーの瓶詰め、ウズベキスタン産のブラックレーズン、イラン産のホワイトマルベリーなど珍しいものばかり。

トルコの伝統菓子バクラバは、同国の老舗ベーカリー、サエドグワ(Seyidoglu)から直輸入したものを計り売りしている。ジョージア発祥の伝統的な棒状の赤い飴、チュルチヘラも試してみよう。

カラフルなスイーツは、ちょっとしたギフトにぴったり

287 Brighton Beach Ave.
near Brighton 3rd St.


行列のできるお惣菜屋さん
4.ゴールドラベル
Gold Label International Food

スーパーマーケットだが、イチオシは惣菜売り場。週末ともなると、買い求める人で行列ができる。何といってもおすすめは、ペリメニと蒸した豚タン(舌)。ペリメニは、ミート、チーズ、ジャムの3種類。奥にはスモークフィッシュとキャビアやイクラのコーナーがあり、スモークサーモンの切り落としも破格の値段で買える。まるまると太ったサバの燻製(熱燻と冷燻の2種類)は、そのまま切って食べても、ディップにしても(5面を参照)。

何を買うか迷ってしまうほどの品ぞろえ

カウンター越しに注文する形式で、かつ英語がほとんど通じないので気後れし、店員は少し無愛想だがみな親切。指で差して大きな声で注文し、にっこり笑ってスパシーバ(ありがとう)と言おう。

ポークペリメニ。皮が薄く、日本人好みの味。電子レンジでチンすれば、ほっかほかに($6.99/1パウンド)

 

見た目はグロテスクだが、酒のつまみには最高。オニオンスライスと辛子を添えて($7.99/1パウンド)

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1130

今年は75周年のメモリアルイヤー! NBAを見に行こう!

レギュラーシーズン開幕から約1カ月。創設75周年を迎えたNBAは、今季ならではのイベントが盛りだくさんだ。今、話題のNBA系YouTuber、Rikuto AFさんとニコラス武さんの解説と共に、その魅力を紹介する。

Vol. 1129

NYC新市誕生! エリック・アダムス氏を解剖

2日に行われたニューヨーク市の市長選で民主党のエリック・アダムス氏が当選し、次期ニューヨーク市長に就任する。エリック・アダムス氏とはどんな人物なのか? そして今後のニューヨークはどう変わるのか?

Vol. 1128

ビザ最新情報 2021秋冬版

2023年度DV(移民多様化)抽選永住権の米国務省受付が、9日正午で終了した。今号では、H、E、L、Oビザなどの非移民ビザや永住権に関する最新情報を紹介する。

Vol. 1127

今年は何する? もうすぐサンクスギビングデー!

いよいよサンクスギビングデーがやってくる。今年は例年のパレードも復活し、感謝祭ディナーに大セールと楽しいイベントがめじろ押し。日本人にはなじみない文化とはいえ、せっかくアメリカに住んでいるのなら目いっぱい楽しまなきゃ損! 今号はそんなサンクスギビングを存分に満喫するための情報をお届けする。