巻頭特集

ロシア人街のブライトンビーチで郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランをご紹介

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。(取材・文/加藤麻美)


人呼んで「リトルオデッサ」
ブライトンビーチって、どんなとこ?

マンハッタン区のグランド・セントラル・ターミナルから地下鉄で約1時間。西はオーシャンパークウェー、東はマンハッタンビーチ、北はベルトパークウェー、南は大西洋に囲まれた約1・6平方キロメートルのエリア、それがブライトンビーチだ。

1870年代後半にドイツ系米国人の鉄道王、ウィリアム・エンゲマンがユダヤ人以外の中流階級向けの海辺のリゾート地として開発。しかし皮肉なことに東欧から移民してきたユダヤ人コミュニティーとして発展した。第二次世界大戦後はホロコーストや対独レジスタンスの生き残りのユダヤ人が移住。1950年代、ブライトンビーチは米国内でも最大規模のホロコースト生存者のコミュニティーの1つだった。

 

旧ソ連在住のユダヤ人が大量にブライトンビーチに流入したのは、75年のヘルシンキ宣言以降である。旧ソ連は、共産主義政権下で迫害されていたユダヤ人約50万人の米国移住を許可。同年から80年にかけて、約4万人のウクライナ人やユダヤ人がブライトンビーチに新天地を求めて移民、ニューヨーク市内最大のロシア人街を形成した。続いて、91年の旧ソ連崩壊と経済危機により、主にロシア語を話す旧ソ連やコーカサス諸国の人たちが移民。ニューヨーク市のロシア系米国人の人口は現在、約70万人と推定されるが、大部分はブライトンビーチとその隣のシープスヘッドベイに居住している。黒海沿岸のウクライナの都市にちなんで、ブライトンビーチが「リトルオデッサ」と呼ばれるのはこのゆえんだ。

 

地下鉄高架下は
フクースナの宝庫

最近ではヒスパニック、アフリカ、中央アジア、中東系などさまざまな人種が流入しているが、ブライトンビーチで「フクースナ(おいしい)なもの」と言ったらもちろん、ロシアや黒海沿岸地域の食べものだ。ボルシチ(ビーツやキャベツ、肉を煮込んだ酸味のあるスープ)やピロシキ(揚げた惣菜パン)、ペリメニ(ロシア風水餃子)、ブリンツ(クレープ)、ナスのキャビア、コトレータ(ウクライナ風カツレツ)、ビーフストロガノフ、スモークフィッシュ、キャビアやイクラ、トルコ産のナッツなど、日本人の口に合うものを挙げたらキリがない。

地下鉄高架下に左右に連なる目抜き通り、ブライトンビーチアベニューにはロシア料理の店やカフェ、真夏でも毛皮をまとったマネキンがショーウインドーを飾る衣料品店、グルメマーケット、惣菜屋、青果店が軒を連ねている。特に青果店はチャイナタウン顔負けの安さ。わざわざ地下鉄に乗って買いに来るだけの価値はある。

 

お惣菜を買って、
ビーチでピクニック

ブライトンビーチアベニューからコニーアイランドのビーチは目と鼻の先。歩いて5分とかからない。お惣菜や飲み物を買って、ビーチで日向ぼっこするもよし、ボードウォークにあるバーで一杯飲んだ後、晩ご飯のおかずを買って帰るもよし。懐にも優しいブライトンビーチグルメ、やみつきになるかも?

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。