サマーキャンプを許可 保健局がガイドライン設置 <ニュージャージー>

ニュージャージー州のフィル・マーフィー知事は、7月6日からのサマーキャンプ開設を許可する行政命令に署名した。9日付NBCニューヨークが伝えた。

行政命令の中では児童のスポーツプログラムも許可しているが、参加者が感染したり拡散するのを回避するため、健康安全基準が設けられた。

サマーキャンプはCOVID運営・実施計画を作成し、同州の保健局が承認すれば6日にオープンすることが許可される。

計画には職員と参加者の健康と安全を守るため、布製のフェースカバーの着用や健康診断の実施が義務付けられている。また、屋内外で実施されるキャンプは可能な限り、同じ参加者や職員での実施を推奨。

保健局のガイドラインでは、参加者グループ同士の交わりも制限を推奨している。さらに、接触を伴うスポーツ、グループ間の大会も禁止されている。

関連記事

NYジャピオン 最新号