巻頭特集

2021年の運勢を手相でチェック&風水で効率的に運気アップ

今年の運勢を手のひらから読み解こう! 手相ワンポイント解説

ニューヨークに移住して13年、占い師として11年という手相占い師のMasamiさん。新型コロナの影響で現在はシカゴに一時的に移り住み、オンラインのみで活動を行っているという。

「今はコロナで不安な時期が続いているので、やはり占ってほしいという人が多いですね。おかげさまで予約が増えています」と、Masamiさん。ニューヨーク、ロサンゼルスなど全米だけでなく、日本からも予約が絶えないそうだ。

そんなMasamiさんが占いを始めたきっかけは、ニューヨークに移住して生活が大変だったあるときにとある占い師にだまされ、詐欺にあったことだという。

「希望や救いを求めて占いに訪れたのに、同じような目に遭った人が他にもいて、同じような目に合ったた人を助けたくて、きちんと占ってもらえる環境を与えられたらと思いました。占いの勉強をして、最初はグランドセントラル駅の地下のフードコートから活動を始めました。それからウェブサイトへの投稿や、口コミのおかげで今に至ります」とほほえんだ。

奥深い手相の世界

手相は約3〜6カ月で変わるそうだが、「利き手と逆の手はもともと本人が持っている運勢、能力、人との接し方などを現し、利き手は現在の状況を現しています」とのこと。利き手によっても線が異なるというから、それぞれの線の意味合いは奥が深い。

事前に送った編集部員の手を写真で占ってもらったところ、手相に描かれた線や手のひらの張りだけで、次々と説明していくMasamiさん。

「太陽線というものがあります。太陽が昇る場所がすごく輝いているように、そこに線があるということは、輝く存在になれるということなんですよ。例えば、舞台に上がって成功を収めるとか…」とMasamiさん。「また、運命線はその人の人生の流れ、運勢ですね。例えば、転職したいと迷っている人はここに線がたくさん出ていたりするんです。さらに太陽線が運命線の方に向かって上がっていると、宝くじなどお金が入ったりすることもあるんですよ」と、それぞれを丁寧に説明してくれた。

そして、あると幸運な手相も次の通りに聞いてみた。皆の手にもあるか確認してみよう。


幸運のマーク!

 

①魚 : 結婚線(小指下)に魚の形をした線が現れ、口ばしが図のように付いていると幸運な結婚ができる。運命線(真ん中の縦線)に口ばしが付くと、その時期に幸運が訪れる。

②スター : 薬指下に線が交差し、米印のような形(スター)ができると、仕事で大きな成功を得たり、将来的に大きな収入が入る。


健康的な人の手相

 

①手のひら全体に色艶がある

②ふわふわ膨らんでいる

③各線が太く濃い

④生命線の張りが大きい(中指付近まで張っている)


お金が入る人の手相

①薬指の下にV字がある=他人からのサポートや自信の努力で、将来的に大きなお金が入る

②生命線から小指の下に向かって伸びる線=昇進や起業、会社で売り上げが上がるなどで、一気にお金が入る。


鑑定結果を受けた編集は…

我慢強いとか、信念があるとか、良いこともたくさん言われました。性格的なことはほとんど当たっていたし、一つ一つの説明もとても分かりやすかったです。新しい試みや今まで挑戦できなかったことに望む年だとも言われたので、「今年は徹底的に頑張ってみようかな」という気持ちになりました。また半年後くらいに、個人的に占ってもらいたいなと思っています!

 

 

濱崎真美/Masami Hamasaki

2007年に単身渡米。
これまで約11年で約4000人を鑑定。
昨年10月にオンライン手相講座を開講。
鑑定・講座の予約も受付中。
newyorkteso.com
※予約時に「ジャピオンを見た」と伝えたら、初回20ドルオフ。

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1094

音は続くよ、どこまでも

音を楽しむと書いて「音楽」と読むがまさに今、長く続くコロナ禍で音楽が心の支えとなっている人も、多いのではないだろうか。  今号では、コロナに負けず活動を続けるミュージシャンたちを一部だが紹介していく。オンラインはもちろん、直接鑑賞できる機会も紹介。聞いて感じて、あなただけの癒やしの音を手に入れよう!

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。