ケーキデザイナー:ヒロヨ・ルイスさん

ニューヨークで奮闘する日本人たち。その新しい発想、夢に向かって走る姿は、私たちを常に刺激する。今、輝いている新人に熱い思いを語ってもらい、また推薦者からの応援メッセージも聞く。

——お菓子作りを仕事にした、きっかけは?

 子供のころからお菓子作りが好きで、趣味でパウンドケーキを焼いたりしていました。ただ、最初はシェフを目指していて、高校卒業後はフランス料理店で働き始めました。

 店では皿洗いやウエイターの担当で、調理の機会がなかったので、一念発起してニューヨークの調理学校に入学。在学中にインターンシップを探していた際、テレビ番組「料理の鉄人(Iron Chef)」の料理人、森本正治さんに手紙を書いたら、快く「ノブ」で採用してくれました。ただ、調理場が満員だったのでデザート担当に(笑)。そのうちメニュー考案なども任されると、すっかり楽しくなり、5年間デザート担当でした。

——他にはどんな職場で働きましたか?

 フランス菓子の「フィナンシェ」や、「エンパイア・ケーキ」など。レストランのデザートは、メインコースを邪魔しない、シンプルな和風のお菓子が中心でしたが、「フィナンシェ」はフランスの焼き菓子を大量生産するので、働き方もずいぶん違いましたね。

 ただ、将来的には自分でビジネスをしたいと思っていたので、並行して個人のオンラインストアを始め、少しずつ顧客を増やしていました。独立は5年ほど前から構想がありましたが、子育てが落ち着くのを待っていました。

——現在の仕事内容は?

 ウエディングやベビーシャワー、誕生日や企業パーティーなどに向けた、カスタムメードのケーキを作っています。半年前に注文をする人もいれば、2週間後のウエディングのケーキを駆け込みで注文する人もいて、仕事量は週によってピンキリです。大きなサイズのものが、作っていて楽しいですね! クオリティーも妥協したくないので、上質な材料で、全て手作りすることを心掛けています。

——注文が多いケーキは?

 バタークリームやチョコレートクリームのものが多いです。女性だと花モチーフ、男性だとスポーツや車など趣味をモチーフとしたデザインが好まれますね。多いのが、ばくぜんとしたイメージだけがある注文。「とりあえず何枚かスケッチを起こしてみて」と言われ描くのですが、いざ見せてみると「なんか違う」とお客さまも迷走し始めてしまうんです(笑)。予算の兼ね合いもあって、デザインは難しいですね。

——仕事で大変だと感じることは?

 自分一人で注文受付から制作までをやっているので、ついつい働き過ぎてしまうのが悩み。終業間際の注文メールも、チェックして返信せずにはいられないから、帰れない(笑)。ただ、どんな注文でも、お客さまの笑顔を見ると、「作ってよかった」と思います。

——今後の目標は?

 まずはスタッフをあと2人採用して、自分はケーキ制作に集中したいです。ケーキ作りを教える教室も、どんどんやっていきたい。この1年が勝負だと思っているので、頑張ります! 

 

 

ヒロヨ・ルイスさん

東京都出身。2001年に来米し、「Institute of Culinary Education」に入学。
今年8月にオンラインストア「SOMA Cakes NYC」を開設。
somacakesnyc.com

 


 

『新人の日常チェック!』
彼らは日常をどうやって過ごしているのか。仕事場、オフの姿を追う。

 

こちらがヒロヨさんの作品。小さなパーツを個々に作り、配送先のパーティー会場などで組み立てる

 

客の好みの色や雰囲気、テーマをヒアリングして、スケッチに起こす。ケーキ作りよりもこちらの方に時間が掛かることもあるのだとか

 

休日は、家族と一緒に過ごすことが多い

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1041

自由気ままに
デトックス

年末も近くなり、何かと忙しいこの季節。2019年を最後まで楽しむために、体の不調やストレスは今のうちに排除しよう!今号は、気軽に立ち寄れる市内のリラクゼーションスポットを探訪。

Vol.1040

読者ランナーを一挙紹介!
NYCマラソンを見る。

NYジャピオンは、今年もニューヨークシティーマラソンを応援します!レースの基礎情報から、知っていると得する応援の豆知識、そして5区を駆け抜ける読者ランナー太刀を一挙に紹介。(文/南あや)

Vol.1039

ジェネレーションZ が
経済を動かす!

「ジェネレーションZ」(略称=Z世代)という言葉を耳にしたことがあるだろうか?今、この若い世代の勢いが止まらない!数年後にはアメリカ最大の消費者層となると言われている彼らの正体・生態を、今号で勉強使用!(取材・文/菅礼子)

 

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)