ヘアスタイリスト:REINAさん

ニューヨークで奮闘する日本人たち。その新しい発想、夢に向かって走る姿は、私たちを常に刺激する。今、輝いている新人に熱い思いを語ってもらい、また推薦者からの応援メッセージも聞く。

 

——ヘアスタイリストになったきっかけは?

 祖母が美容師で、小さい頃から手伝いをしていたせいか、美容師は大変そうであまりいい印象がなかったんです(笑)。でもメークに興味があり、人にもよくメークしてあげていました。

 高校卒業後は、東京の美容専門学校に進みました。メークがやりたかったのですが、「そっちに進むにしても、ヘアの技術は身に付けておいたほうがいい」と先輩からアドバイスされたので、美容師免許を取得。卒業後は東京のヘアサロンで、髪や塗料の知識からヘッドスパまで、基礎を全て学びました。

——海外に行こうと決めた理由はなんですか?

 海外のファッションや文化に以前から興味があり、「いつか海外に住んでみたい」と、ばく然と思っていました。ただ、東京でスタイリストデビューしてからは仕事が楽しくて、タイミングをつかめずにいました。でも将来、「海外に行けばよかった」という後悔はしたくないと思い、昨年来米しました。コロラドの語学学校を経て、今年3月にニューヨークへ移り、「サロンウェーブ」に入店しました。

——仕事内容は?

 3カ月ほどアシスタントを経験し、デビュー後はシャンプー、カット、ブロー、カラーリングなど、全て任せられています。最近は、日本人以外のお客さまにも付くようになりました。

——技術的に、日本のヘアサロンと違うところは?

 日本人とは髪質が違うので、当然やり方も違ってきますね。ブローも、そしてカラーの入れ方も、地毛が異なるので全く違う。先輩がやっているのを見たり、どんな薬を使ったのか聞いたりして研究しています。

——顧客との関係は?

 お客さまは、どんなスタイルにするか任せてくださることも多いので、自信を持ってプロとしての意見を提案することが、とても大事だと実感しています。どんなスタイルが似合うか考えるのが楽しいですし、お客さまが満足してくださると、さらにうれしいです。

——仕事で大変なことは?

 カウンセリングが一番大変。最初にお客さまの希望を聞き、悩みや気になるところがあればアドバイスして、細かく説明しています。ただ人種が多様なので、髪質も悩みも千差万別です。英語のボキャブラリーを増やせば、もっと悩みや相談にのれるので、アメリカ人のスタッフに言い方を聞いたり、話していることをメモったりしています。

——逆にうれしいことは?

 初めてお客さまに付いた時は緊張しましたが、すごくうれしかったです。練習でブローをしたモデルさんが、ウェブの口コミに「きれいにブローしてくれた」と書いてくれた時もうれしかった。お客さまが満足して喜んでくださるのが一番。

——今後の目標は?

 お客さまになんでも相談してもらえる、友だちのような楽しい関係になりたいです。お客さまにとって美容師は月に1回は店で会うので、結構近い存在なんです。

 

 

REINAさん
米国ハワイ州生まれ、埼玉県育ち。
美容専門学校を卒業後、東京のヘアサロンに入店。
2018年に来米、19年3月から「サロンウェーブ」勤務。
salonwaveny.com

 


 

『新人の日常チェック!』
彼らは日常をどうやって過ごしているのか。仕事場、オフの姿を追う。

 

「お客さまに楽しくリラックスして過ごしてもらえるよう、施術中に会話をしたり、スタイルの提案やアドバイスができるように心掛けています」とレイナさん

 

担当した顧客のバレイヤージュ・カラー。ニューヨークではハイライトやバレイヤージュをする人がとても多いので、いろいろな方法を日々研究中だそう

 

食べることとお酒が大好きなので、休日はたまに外食するのが楽しみの一つ。特に当地に来てからは、タイやベトナム料理などのエスニック系にハマっている

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1041

自由気ままに
デトックス

年末も近くなり、何かと忙しいこの季節。2019年を最後まで楽しむために、体の不調やストレスは今のうちに排除しよう!今号は、気軽に立ち寄れる市内のリラクゼーションスポットを探訪。

Vol.1040

読者ランナーを一挙紹介!
NYCマラソンを見る。

NYジャピオンは、今年もニューヨークシティーマラソンを応援します!レースの基礎情報から、知っていると得する応援の豆知識、そして5区を駆け抜ける読者ランナー太刀を一挙に紹介。(文/南あや)

Vol.1039

ジェネレーションZ が
経済を動かす!

「ジェネレーションZ」(略称=Z世代)という言葉を耳にしたことがあるだろうか?今、この若い世代の勢いが止まらない!数年後にはアメリカ最大の消費者層となると言われている彼らの正体・生態を、今号で勉強使用!(取材・文/菅礼子)

 

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)