海鮮など食料品各種 トゥルーワールドが一般家庭に配送

トゥルー・ワールド・フーズは、一般家庭向けの食品配送サービスを開始した。

合計100ドル以上の注文から受け付ける(なお150ドル以上で送料無料)。商品は仕入れ状況によって異なるが、マグロやカニ、ウニをはじめとした海鮮(冷凍や缶詰も用意)、冷凍のギョーザや卵焼き、うどんの他、しょうゆ、米、大葉やたくあんなど、各種食料品をそろえる。

営業時間は毎週月、水、木、金曜日の各日午前9時〜午後3時。配達希望日の前日深夜までに注文を行うこと。注文によっては、配送までに最大3営業日かかる。コロナウイルス感染拡大を避けるために、商品は手渡しを避け、玄関に置く形で届けられる。

詳細は下記ウェブサイトを参照。

また同社は、動画でレシピを作成してくれる人を募集中(すでにYouTubeのアカウントを持っている人を歓迎)。特典付き。詳細は、tkumagai@trueworldfoods.com まで日本語でメールを。

【申し込み/問い合わせ】
https://trueworldfoodsny.com

<掲載: 5月7日>

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。