【写真レポ】ハドソンヤード〜ミートパッキングエリア

編集部がマンハッタンの街並みを写真で紹介する「写真レポ」。今回は、ハドソンヤード からミートパッキングエリアまでの街並みを紹介していきます。

 

 

ハドソンヤード近くの11アベニューは、工事作業員、警察関係者しかいない状態で、ほぼ無人です。

 

感染者収容施設となっている「ジャビッツセンター」前は、警備のためパトカーが何台も止まっています。

 

「ジャビッツセンター」前の電子掲示板には、コロナ関連の広告も。

 

34丁目ハドソヤード駅も、人通りがない状態でとても静かです。

 

駅の横にある、ハドソンヤードのシンボル「ヴェッセル」は、見上げる散歩者がチラホラといます。

 

現在閉鎖中のハイライン。地上道路も買い物で外出した人が少し歩いているだけです。

 

ハイラインでは春の草花が見頃な時期なのに、今年は見れないのが残念です。

 

シャッターが閉まっている光景は普段目にできないため、ある意味とても貴重。

ドアには閉鎖中の貼り紙が。早く再開されることを願います。

 

ハイライン終点地点のチェルシー。車はほとんど走っていません。

 

ハイライン終点にある美術館といえば、「ホイットニー美術館」。こんな時も警備員は働いています。

 

普段は観光客でにぎわう「チェルシーマーケット」も一部店舗を除き閉鎖中。入り口前は工事中でした。

 

開店中の限られた店舗に入るのは、サイドの入り口から。

 

いつもは人通りが多くにぎわっていたはずなのに、今は不気味なほど静かです。

 

この辺りといえば、やはり石畳。せっかくの晴天なのに人がいないのは寂しいですね。

 

周辺はレストランや衣料店など、閉店中の店ばかり。

 

シャッターを閉じている店が目立ちます。

 

こうした閉店中の店舗の外壁では、Theresa Rivera Designの協力により、アートがあちこちで繰り広げられていて、ミートパッキングエリアに希望を与えています。

デザイナーが作業中の現場に遭遇。

 

美術館で絵を見ることはできませんが、通りを歩きながらアート鑑賞ができるのはうれしいですね。

 

筆者の自宅から徒歩ではかなり遠いのですが、「頑張って撮影に歩いた甲斐があったな」と、壁画を観てとても癒やされました。

ミートパッキングエリア近辺にお住まいの読者の皆さま、機会があれば、散歩ついでのアート鑑賞オススメです。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。