古くて新しい、とっておきのブルックリンへ

質の良いヴィンテージ店 (古くて新しい、とっておきのブルックリンへ 051)

ブルックリンのガイドブックの著者、安部かすみが、本で書ききれなかったことやまだまだあるお気に入りスポットを紹介します。「大切な友人に紹介するとしたら?」という目線で選んだとっておき。今週はウィリアムズバーグにある「Antoinette Brooklyn」です。


質の良いヴィンテージ店

今回は、私の特に大好きな店とオーナーを紹介します。店頭に置かれた招き猫に引かれるように入ったのが、このお店との最初の出合いでした。

 

上質の「一点モノ」のみ

「元気〜?」と近所の人々が次々に訪れ、オーナーのレキシィにあいさつします。2011年のオープンから9年。「(常連の)彼女は子供の頃から知っていて、親のような気持ちよ」とレキシィ。

世界中のファッショニスタに支持される「Antoinette Brooklynでは、何十年も前に生産されたアルマーニ、ヴァレンティノ、ミッソーニ、バーバリー、アン・クラインなど、質と価値の高い1点モノの衣類や小物が並びます。

バイヤーでもある彼女の審美眼でセレクトされるのは、1940年代モノから98年モノまで。彼女いわく「ヴィンテージの定義には最低20年必要」で、2000年モノも入りそうですが、98年までと決めているのは訳があります。「ファストファッションは買わないの」。

おおよそ90年代後期から世界中に拡大していったファストファッションですが、環境に与える汚染問題や生産地の劣悪な労働環境は深刻です。「中国で大量生産された衣類は繊維の質が悪いから、すぐ毛玉ができて耐久性がないの。それ以前のアメリカ産の衣類は毛玉などできなかった」。確かにそうですね! 目からうろこでした。

接客中によく聞こえてくるのは「これは日本のデザイナーによるものよ」という会話。日本ブランドも彼女に認められています。

 

ブルックリンのデザイナー「Karie Laks」のツーピース(95ドル、135ドル)

 

日本大好きのオーナー、レキシィ・オリヴェリさん。高校時代の友人が「ナイキスケートボーディング」の立ち上げ時に作ったノベルティの招き猫は、同店の宝モノ。「売ってとよく言われるんだけど、これだけは売れないの〜」

 

セレブの来店も多い

彼女は以前GAPジャパンで働いていたこともあり、日本が好きで、スタッフも日本人です。HBOのドラマ『ザ・デウス』の衣装スタッフが番組用に、また有名ブランドのデザイナーが昔のデザインを参考にするために、購入したりするそうです。

「日本人の顧客も多いわよ。ローラ、米倉涼子、大島美幸、舟山久美子、松岡モナ、植野有砂たちも来てくれたわ」

招き猫の影響は絶大のようですね!

 

近所の人々が次々に「ハ〜イ、元気?」と声を掛けていく

 

質の良いヴィンテージがズラリ(メンズも一部あり)。全部洗濯済みなのでヴィンテージ特有の匂いもなし

 

 

All Photos © Kasumi Abe

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1054

ちょっと拝見!
ニューヨーカーの
通勤バッグの中身

通勤バッグは、見た目に機能性にと、いろいろなポイントで選びたいところ。かつてはカッチリとしたブリーフケースのイメージも強かったが、職種や働き方の多様化に伴って選びも多くなってきた様子。バリバリ働くニューヨークの男性陣に、通勤バッグについて聞いてみた。(取材・文/菅礼子)

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)