冬をカラフルに彩る 花のあるくらし。(第1回)

毎日をちょっと楽しく、ちょっと華やかに。

生花の専門家が、花を楽しむティップを毎週紹介します。



第1回 アメリカの生花店事情

初めまして、チヨミです。ノーホーで生花店「アドア」を経営しています。このキャリアを始めて、15年以上。お店のお客さまの多くは、マンハッタンに住むローカルのアメリカ人です。

この秋冬、私のこれまでの経験や知識を生かして、花の楽しみ方や基礎知識、すてきな贈り方などを解説していきます。よろしくお願いします!

よくある誤解

ところで皆さん、花束を作るときは、どのように注文しますか? 日本では「3000円程度で」とお願いすれば、そこそこボリュームがあって種類豊かな、すてきな花束が作れるイメージですよね。

しかし、ニューヨークにある当店で30ドル相当の花束を作ろうとすると、せいぜい花を5、6本入れるのが限界です。

このギャップに、多くのお客さまが、「ここは高級店なの?」「ただの花がなんでこんなにするの!?」と、困惑しがちです。しかし、ニューヨークの生花店や当店が特別に高級志向なのではなく、そもそもアメリカでは、生花が高額なのです!

理由は、国内生産の生花がほとんどなく、輸入に頼っているから。生花の生産大国である日本と比べると、1本1本の原価が、どうしても高額になってしまいます。

 

 

輸入生花のいいところ

最近は、生花店が生花農家に転向するというプチブームも起こっていて、ニューヨークとその近郊で生産しているところも増えました。ただ、ビニールハウスを有している大規模な生産者は少ないので、どうしても暖かい時期限定の生産になります。

一方、輸入のメリットは、1年を通じてさまざまな花を仕入れられることですね。特に南半球と北半球では季節が逆転しているので、春に咲く花は、ニューヨークでは春と秋(南半球の春)の実質2回、楽しむことができます。

主な花の産地には、オランダ、エクアドルやチリなどの南米、イスラエル、イタリア、ニュージーランド、そして日本です。

ちなみに、日本産の花は質(と値段)が高いことで知られています。スイートピー(Sweet pea)、ラナンキュラス(Ranunculus)、トルコギキョウ(Lisianthus)などは、その中でも世界屈指の最高級品なんですよ。

 

今週のアレンジ

自由な方向に生けるナチュラルスタイル

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1041

自由気ままに
デトックス

年末も近くなり、何かと忙しいこの季節。2019年を最後まで楽しむために、体の不調やストレスは今のうちに排除しよう!今号は、気軽に立ち寄れる市内のリラクゼーションスポットを探訪。

Vol.1040

読者ランナーを一挙紹介!
NYCマラソンを見る。

NYジャピオンは、今年もニューヨークシティーマラソンを応援します!レースの基礎情報から、知っていると得する応援の豆知識、そして5区を駆け抜ける読者ランナー太刀を一挙に紹介。(文/南あや)

Vol.1039

ジェネレーションZ が
経済を動かす!

「ジェネレーションZ」(略称=Z世代)という言葉を耳にしたことがあるだろうか?今、この若い世代の勢いが止まらない!数年後にはアメリカ最大の消費者層となると言われている彼らの正体・生態を、今号で勉強使用!(取材・文/菅礼子)

 

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)