第102回 クルド人と米国

米軍撤退を機に大混乱
揺れるホワイトハウス

新聞は連日、シリアの報道である。なぜか。トランプ米大統領とホワイトハウスに、初めて与党・共和党も反旗をひるがえし、かつてない混乱が訪れている。

トランプ氏は10月6日、シリア北東部からの米軍撤退を発表した。そのわずか3日後、シリア北部に国境を接するトルコが9日、クルド人・民兵組織「人民防衛部隊(YPG)」が支配するシリア北部に侵攻を開始した。

国境北部を抑えていた米軍がいなくなるのをきっかけに、トルコはシリア北部を「安全地帯」として制圧したかったからだ。この地帯については、後述する。

ところが、米下院は16日、シリアからの米軍撤退に反対する決議案を、354対60の賛成多数で可決した。野党・民主党議員は235議席を保有するに過ぎないため、トランプ氏率いる共和党の議員の3分の2にあたる、120票あまりが決議案に賛成したことになる。

共和党の結束にも波及
造反者はなぜ出た?

その後、米国民は、ホワイトハウス内の混乱を見ることになる。下院決議の直後、連邦議会指導部は、ホワイトハウスでトランプ氏と会談した。

英BBCによると、この際、トランプ氏がナンシー・ペロシ下院議長(民主党)を「三流政治家」呼ばわりしたため、民主党議員が全員退室した。

さらに、双方の発言を巡っての応酬が始まった。やり取りは以下だ。

ペロシ下院議長「私たちが目撃したのは、大統領のメルトダウン(コントロールが効かないこと)だ。悲しいことに」(会談後、記者団に対して)

トランプ氏「ペロシは、今日ホワイトハウスでメルトダウンした。見るのは辛かった。彼女のために祈ろう、彼女は重病人だ」(ツイッターで)

それでは、なぜ下院共和党は投票の際、造反組を出したのか。それは、シリア北部にいる「クルド人勢力」は「長年の同盟関係」「盟友」という見方が根付いているためだ。米国人は、クルド人に対して、非常にいい印象を持っている。

ISの脅威いまだに
クルド人と米国の関係

米国民が恐れるテロリストのナンバー1は、シリアの過激派勢力「イスラム国(IS)」だ。そして、ISを米国などの連合軍が破ることができたのは、クルド人勢力の協力があったからだ。米軍が撤退し、トルコ軍が侵攻してしまうと、これまで拘束され、抑えられてきたISの勢力が再び、息を吹き返すことが懸念される。

一方でトルコは18日、シリア北部の軍事作戦を5日間停止することで同意した(その後、23日に150時間の延長が決定)。クルド人勢力が、シリア国境から30キロメートルの「安全地帯」から撤退し国境から離れれば、作戦を終了するという。トルコに飛んでいたマイク・ペンス米副大統領とトルコ当局が明らかにしたものだ。

トルコは「安全地帯」と呼ぶ地域を制圧、確保し、クルド人勢力を一掃したいとしてきた。その後、シリア内戦などでトルコに避難してきたシリア難民約200万人を、安全地帯に移住させたいとしている。

停戦はわずか5日間だけ。米国はトルコの「安全地帯」の案を否定しているため、シリア問題解決の糸口は見つかっていない。下院は、米軍撤退について抗戦を続けるつもりだ。

世界の注目集める米国
「メルトダウン」を防げ

しかし、トランプ氏は、シリア撤退という自分の決断を正当化し続けている。

「(米国は)警察ではない。みんなが帰国する時がきた。トルコとシリアは国境で問題を抱えている。われわれの国境ではない。われわれがそのために命を失うべきではない」と、記者団に述べたという。

米軍撤退と停戦は自分の手柄であり、突然引き起こしたシリアの混乱は、「シリアの問題」としている。

トランプ政権は、発足から1000日を迎えた。しかし、ホワイトハウスの混乱は深まり、シリアと世界にも悪影響を及ぼしている。トランプ・ホワイトハウスの「メルトダウン」は、世界の混乱につながる。このままでいいはずはない。

 

 


津山恵子
ジャーナリスト。
「アエラ」などに、ニューヨーク発で、米社会、経済について執筆。
フェイスブックCEO、マーク・ザッカーバーグ氏などに単独インタビュー。
近書に「教育超格差大国アメリカ」(扶桑社)。2014年より長崎市平和特派員。元共同通信社記者。

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1041

自由気ままに
デトックス

年末も近くなり、何かと忙しいこの季節。2019年を最後まで楽しむために、体の不調やストレスは今のうちに排除しよう!今号は、気軽に立ち寄れる市内のリラクゼーションスポットを探訪。

Vol.1040

読者ランナーを一挙紹介!
NYCマラソンを見る。

NYジャピオンは、今年もニューヨークシティーマラソンを応援します!レースの基礎情報から、知っていると得する応援の豆知識、そして5区を駆け抜ける読者ランナー太刀を一挙に紹介。(文/南あや)

Vol.1039

ジェネレーションZ が
経済を動かす!

「ジェネレーションZ」(略称=Z世代)という言葉を耳にしたことがあるだろうか?今、この若い世代の勢いが止まらない!数年後にはアメリカ最大の消費者層となると言われている彼らの正体・生態を、今号で勉強使用!(取材・文/菅礼子)

 

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)