古くて新しい、とっておきのブルックリンへ

女子目線で選ぶセレクト店 (古くて新しい、とっておきのブルックリンへ 044)

ブルックリンのガイドブックの著者、安部かすみが、本で書ききれなかったことや、まだあるお気に入りスポットを紹介します。「大切な友人に紹介するとしたら?」という目線で選んだとっておき。

今週はグリーンポイントにある「A. Cheng」です。



A.
Cheng(エー・チェン)

パークスロープ地区に伸びるバーゲンストリートは、カラフルな店が多い通り。まるでヨーロッパにあるかのような、おしゃれなリテール店やカフェが軒を並べています。中でも特に目を引くのが、ペパーミントグリーンの外観に真っ赤な看板がかわいらしい「A. Cheng。この地で10年以上、女子力が高い地元の人を中心に、長年支持され、信頼を寄せられています。

老舗ブランド出身

「ようこそ!」と出迎えてくれたのは、オーナーのアリス・チェン。彼女は、ファッション業界20年以上になる、この道のベテランです。

幼少のころから絵を描くのが大好きでしたが、コンサバティブな両親から「安定した仕事に就いてほしい」と言われて育ってきました。そこで「まずは、会社員として働くことを選びました」と、就職した会社が、有名ブランドのトミー・ヒルフィガー。1997年から女性ライン専用のデザイナーとして活躍しました。

2年間在職し、デザイナーとしておおよそ基本的な知識を身に付けた後、自身でセレクトショップを持とうと独立。2001年のことです。最初はマンハッタンのイーストビレッジに店を構え、その後ブルックリンのパークスロープの5アベニューに移り、06年に今の場所にやってきました。

 

トミー・ヒルフィガーの元デザイナーで、ファッション業界20年以上のオーナー、アリス・チェン

 

今も自身でデザイン

ショップで取り扱っているのは、繊細な「Jane D’Arensbourg」など地元ブルックリン・ブランドから海外ブランドのものまで、さまざま。中でも、上品なデザインが印象的なフランス発の「Sessùn」、インドの職人によって作られた「Ace & Jig」、日本発の「miiThaaii」や「Ichi Antiquites」が人気です。

母親業もこなすアリスは忙しい日々ながら、今でも自分で洋服のデザインをしています。店に置いている商品の25%は、自身のブランド「A. Cheng」のもの。残りは、彼女のお眼鏡にかなったものをセレクトしたものです。

「陶器も作っているんですよ」と、奥の棚に陳列された商品を見せてくれました。洋服も陶器も、手に取ると手作りの温かさが直に伝わってきました。

パークスロープ地区に伸びるバーゲンストリートは、カラフルな店が多い通り。まるでヨーロッパにあるかのような、おしゃれなリテール店やカフェが軒を並べています。中でも特に目を引くのが、ペパーミントグリーンの外観に真っ赤な看板がかわいらしい「A. Cheng。この地で10年以上、女子力が高い地元の人を中心に、長年支持され、信頼を寄せられています。

 

(左から)「Sessùn」のワンピース(260ドル)と、「Ace & Jig」のトップス(270ドル)

 

繊細な「Jane D’Arensbourg」のリング(95〜140ドル)や、アリス作の陶器(150ドル)

 

アリスがセレクトしたアイテムがずらりと並ぶ店内。現在、秋モノも続々到着中

 

 

All Photos © Kasumi Abe

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1041

自由気ままに
デトックス

年末も近くなり、何かと忙しいこの季節。2019年を最後まで楽しむために、体の不調やストレスは今のうちに排除しよう!今号は、気軽に立ち寄れる市内のリラクゼーションスポットを探訪。

Vol.1040

読者ランナーを一挙紹介!
NYCマラソンを見る。

NYジャピオンは、今年もニューヨークシティーマラソンを応援します!レースの基礎情報から、知っていると得する応援の豆知識、そして5区を駆け抜ける読者ランナー太刀を一挙に紹介。(文/南あや)

Vol.1039

ジェネレーションZ が
経済を動かす!

「ジェネレーションZ」(略称=Z世代)という言葉を耳にしたことがあるだろうか?今、この若い世代の勢いが止まらない!数年後にはアメリカ最大の消費者層となると言われている彼らの正体・生態を、今号で勉強使用!(取材・文/菅礼子)

 

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)