グローバル時代の子育て

その46 日本語と英語、 どちらが先ですか?

 

日本語であれ英語であれ、子供が身に付ける「会話力」は、頼りなく弱々しいものです。子供に確固たる言葉の力を与えるには、言葉が「話せる」だけでは不十分です。言葉は「読み書き」を身に付けることで、一生失われることのない質の高い能力を定着させていきます。

一般的に「読み書き」は、小学校で学ぶものと考えられています。しかし、二つの言語を身に付けるバイリンガルたちは、小学校まで待ってはいられません。時間にゆとりがあり、また、子供の学習に対するモチベーションが高い幼児期に、読み書き教育を始めることが理想です。

日本語が先か、英語が先か?

「日本語と英語、読み書きを教えるのはどっちが先か?」という質問を受けることがあります。未就学児の場合、母親が日本人の場合、日本語からスタートするのがスムーズです。国際結婚家庭であれば、日本語は母親、英語は父親と役割分担して二言語を同時に教えることも可能です。

幼児期の子供にとって文字を覚えることは「お遊び」です。大好きなお母さんと遊びながら文字を覚えることができます。文字ブロック、文字カード、文字チャート、絵本などを活用して、楽しく文字を教えてあげましょう。

文字の練習は1日5分〜10分で十分。毎日文字に触れていると、子供はあっという間にひらがなが読めるようになります。さらに、文字を教える原則は「読みが先」です。筆圧が弱い幼児に書くことを強要すると、文字嫌いなるので注意しましょう。

 

 

 

日本へ帰国する場合

海外駐在で数年間だけ海外で過ごす場合、文字指導の優先順位が変わります。「英語のリーディング」を集中的に教えましょう。海外滞在中に英語のリーディング力を身に付けることができれば、日本帰国後も、読書を通じて英語力を維持・向上させていくことができます。

幼児の場合も同じです。海外滞在中に身に付けた英語力を日本で失わせないためには、「英語を読む力」が必要です。幼児期を海外で過ごし、英語ペラペラだった子供が、日本に帰国した途端英語を忘れてしまった! という話は、誰もが聞いたことがあると思います。これを防ぐには「英語のリーディング」を育てることが必要です。

日本語については、家庭環境を整えることで維持できます。学童期の子供であれば日本語のマンガや本を読ませる。未就学児であれば、日本語のアニメやテレビ番組を見せていれば、日本語が極端に弱くなる心配はありません。

海外永住家庭の場合

海外永住、あるいは子供が海外で学校教育を受ける場合、「日本語の読み書き」を優先して教えてください。現地校生活が長くなるにつれ、日本語力は衰えていくのが普通です。幼児期から小学校低学年に掛けて「日本語力の貯金」をしておきましょう。

日本語学習を成功させる秘訣は「細く長く」です。子供の「自信」に影響する現地校の勉強を重視しつつ、日本語もコツコツ継続できるように励ましてあげてください。

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1054

ちょっと拝見!
ニューヨーカーの
通勤バッグの中身

通勤バッグは、見た目に機能性にと、いろいろなポイントで選びたいところ。かつてはカッチリとしたブリーフケースのイメージも強かったが、職種や働き方の多様化に伴って選びも多くなってきた様子。バリバリ働くニューヨークの男性陣に、通勤バッグについて聞いてみた。(取材・文/菅礼子)

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)