巻頭特集

アートから見る ニューヨークのいま

街で観られるウォールアート

自粛生活の中で、買い物や散歩も自宅近隣しか歩かないという人も多いだろう。ニューヨークの街には壁、道路、店舗の外壁、さまざまなところにアートが溢れている。市内はフェーズ1に入り、街は少しずつ動き出した。明るい兆しはまだ先かもしれないが、アートを観るだけでも心は少し踊るかもしれない。ほんの一部だが紹介していこう。


ローワーイースト

バワリーから少し入った道端に小さな標識で案内が出ている、隠れ家レストラン「Freemans」は、店にたどり着くまでの両壁に、さまざまなアートが描かれている。食事を楽しむ前にアート鑑賞ができる憩いの場だ。現在、デリバリー、テークアウトで営業を続けているが、カクテルやソフトドリンクも店頭で販売しているので、鑑賞と共に購入がオススメ。

 

 

 

【場所】

end of Freemans Alleyfreemansrestaurant.com


リトル・イタリー/チャイナタウン

3ページでも紹介したトリスタンさんの「Audrey of Mulberry」は、オードリー・ヘップバーンをモチーフに描かれた作品。【場所】385 Broome St.(Mulberry St.側)/IG: tristaneaton

 

ソーホーの星島日報ビルに描かれた、スティックによる作品。【場所】188 Lafayette St./IG: stikstudio

 


アッパーウェスト

抗議活動に関連した新作が話題となった、バンクシー。「Hammer Boy」を描いた今作は、2013年から街の人々に大切に保存されている。【場所】on 79th St.(at Broadway)/IG: Banksy

 


ブルックリン

「ブッシュウィック・コレクティブ」と呼ばれるアート通り。普段はアートツアーもあり、観光客が集う。人通りの少ない今こそ、外の美術館として楽しく散歩できそうだ。

 

 

 

【場所】

LラインJefferson St.駅すぐ


 

ウィリアムズバーグにある「Joe’s Pizza」の横に描かれたアートには、モハメド・アリが描かれている。【場所】on bedford St.(at N. 5th St.)/IG: brolga

 


チェルシー

アインシュタインを描いた、コブラによる壁画。ニューヨーク愛が感じられる。 【場所】on 21th St.(at 8th Ave.)/IG: kobrastreetart

 

バンクシーに影響を与えたといわれる、ニック・ウォーカーの作品。 【場所】on 17th St.(at 6th Ave.)/IG: nickwalker_art

 


その他エリア

IG: queenandreaoneの作品は、フラットアイアン地区「Culb Monaco」

 


共にコブラの作品。

イーストビレッジ

 

「Empire Diner」上

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1179

今年も始まるホリデーシーズン とっておきのクリスマスギフトを見つけよう!

もうすぐクリスマス。ギフト選びに苦戦する人も少なくないはず。大切な人に喜んでもらえるものを、心を込めて贈りたいですよね。そこで今年人気のあるギフトの紹介からラッピング情報まで編集部がリサーチ。

Vol. 1178

知りたい! ペンステ改装計画

パンデミックの収束とともに、ニューヨークにも本格的ににぎわいが戻ってきた。今週は30年越しのリニューアル計画で活気付くペンステーションに迫る。

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!