巻頭特集

アートから見る ニューヨークのいま

抗議活動で現れた新アート

ミネソタ州で起きた、白人警官らによるジョージ・フロイドさんの殺害事件を契機に、街中は「Black Lives Matter」のメッセージが増え、アーティストだけでなく、企業も伝えようとしている。抗議活動はいつまで続くか分からないが、こうしたアートは今しか観れないかもしれない。人々の思いを感じよう!

ノーホーの「Kith」旗艦店。店全体を板で覆い、故ネルソン・マンデラ大統領の言葉を掲載している。 【場所】337 Lafayette St./kith.com

 

ユニオンスクエア駅構内などにあるキオスク「New Stand」。イーストサイド旗艦店では、黒人と白人が握手したメッセージが描かれている。【場所】306 Bowery/newstand.com

 

ブルックリン区ウィリアムズバーグの通りにある、Chris Tuortoさんの作品。抗議活動に賛同を示す、掲げた握り拳が印象的だ。【場所】at 24th St. (on N. 5th St.)/IG: christuorto_artis

 

ダリル・ロス劇場を覆う壁に描かれた「BLM」とフロイドさんをはじめ、亡くなった人々の名前が書かれている(ペインター不明)。 【場所】101 E. 15th St.

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1179

今年も始まるホリデーシーズン とっておきのクリスマスギフトを見つけよう!

もうすぐクリスマス。ギフト選びに苦戦する人も少なくないはず。大切な人に喜んでもらえるものを、心を込めて贈りたいですよね。そこで今年人気のあるギフトの紹介からラッピング情報まで編集部がリサーチ。

Vol. 1178

知りたい! ペンステ改装計画

パンデミックの収束とともに、ニューヨークにも本格的ににぎわいが戻ってきた。今週は30年越しのリニューアル計画で活気付くペンステーションに迫る。

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!