巻頭特集

アートから見る ニューヨークのいま

新型コロナウイルス感染症、抗議活動……ニューヨークはいま、目まぐるしい変化が起きている。通りで見掛けるウォールアートにもその変化の波は押し寄せている。メッセージを発信し続けるアーティストたちの作品を紹介しよう。 (取材・文/音成映舞)


コロナ禍で見た
アートの変化

今年1月、中国から発生した新型コロナウイルス感染症(以下、コロナ)は、瞬く間に世界に広がり、ニューヨークにも感染の波が押し寄せた。3月20日、ニューヨークのアンドリュー・クオモ州知事による行政命令(PAUSE)により、自粛生活を余儀なくされた。街から人が消え、ほとんどの店は臨時休業となり、恐ろしいほどニューヨークは静まり返った。

そんな中、マンハッタン区ミートパッキング地区の小売店の外壁を活用した、「The Mural Project(壁画プロジェクト)」が始動した。このプロジェクトは、ベルサーチなどの広告キャンペーンのデザインを担当していた、デザインスタジオ「テレサ・リベラ・デザイン(theresarivera.com)」が、市への恩返しとして協力。

本来は、ハイラインが通り、買い物、飲食など、地元住民から観光客まで、さまざまな人が集う場所としてにぎわっている地区だ。以前から、窃盗や略奪対策として店頭に貼られた板を活用し、カラフルな色使いで描かれた絵は、「希望、喜び、団結」をテーマとしている。

まず初めに描かれたのは、同地区にある化粧品チェーン店「セフォラ」の外壁。「街が急速に陰鬱(いんうつ)な暗闇に変わったことを感じる歩行者に、少しでも明るい気持ちになってもらえれば」と、同デザインの担当者は考えたという。

このプロジェクトはニュースでも取り上げられ、他の小売店も次々と同スタジオに依頼。他の地区などでも描かれ、抗議活動が行われる中でも、彼らの絵に落書きをする参加者は少ない。アートは店を守り、人々を励まし続けている。

また同スタジオは、この制作によって得た収益の一部を、フードバンク非営利団体の「フィーディング・アメリカ」と高齢者への食事サービスの団体「シティーミールズ・オン・ウィールズ」に寄付している。

プロジェクト最初期に描かれた、ミートパッキング地区の「セフォラ」の壁画

 

臨時休業中の店頭前で作業を行うスタッフたち

 

コロナに負けるな
マスク壁画が増加

流行に敏感なニューヨークならではといえるのが、感染拡大と共に増えた、マスクを付けた医療従事者や女性、子供が描かれた作品だろう。

最近では、ペンステーションを出た8番街と34丁目角に、ニューヨーク、パリなど世界中で活躍するアーティスト、トリスタン・イートンさんが描いた『Now and Forever写真扉)』がある。この作品は、モンテフィオーレ病院とトリスタンさんが協力。最前線で活躍する看護師たちを称えており、「コロナに負けるな」という力強い作品となっている。こうしたアートは今、街のあちこちで見掛ける。

次ページからは、コロナから抗議活動へ。変化する街にメッセージと共に描かれる、アート作品を紹介していく。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1114

楽しい夏こそ紫外線対策!

太陽が燦々と照りつける毎日、外で楽しく遊べる季節だからこそ、きちんとした知識を持って、紫外線対策をしたいところ。紫外線に当たることで起こるさまざまな弊害も今号できちんと把握しておこう!

Vol. 1113

ちょっとそこまで  魅惑のシティーアイランド

ブロンクスにあるシティーアイランドは、シーフードやマリンスポーツをはじめ、のんびり散歩も楽しめるという魅力的な海辺の街。知る人ぞ知るリゾート地なだけに、訪れたことがないという人も多いかもしれない。そんなシティーアイランドの見所をたっぷりご紹介!

Vol. 1112

この夏は野球アツい!

野球大国であるアメリカ。シーズン真っ最中のMLBの観戦はもちろん、ここニューヨークでは日本人チームによる草野球も盛り上がっているようだ。そんな幅広い野球の魅力を今こそ語り合おう!

Vol. 1111

いよいよ経済再開! ニューヨーク復活へ

6月24日、ついにニューヨーク州の非常事態宣言が解除された。新型コロナウイルスのあらゆる制限が解除となり、約1年3カ月ぶりに本格的に経済再開を果たしたニューヨーク。街は復活に向け着々と進んでいる。