巻頭特集

夏だから挑戦!男のソロキャンプ

ソロキャンプ入門

その1キャンプ場の情報を集め、予約を入れる

ニューヨーク州運営のキャンプ場を使用する場合は、事前に登録してキャンプ許可証を取得しなければならない。キャンプ場へのチェックインは午後2時から9時まで。予約初日の午後9時までに登録し、キャンプ場を使用し、最終日の午前10時までに退出すること。

主なキャンプ場サイト

ニューヨーク州環境保全局:  dec.ny.gov
キャンプニューヨーク:  nycampgrounds.com
ゴー・キャンピング・ニュージャージー:  campnj.com
リザーブアメリカ:  reserveamerica.com
ゴー・キャンピング・アメリカ : gocampingamerica.com
キャンプグラウンズ・オブ・アメリカ:  koa.com


その2装備を整える

ソロキャンプの達人、山田さん厳選。キャンプグッズはアマゾンでも買えるが、初心者ならソーホーにあるRecreational Equipment, Inc.(REI)がおすすめだ。キャンピングに詳しいスタッフがどんな質問にも答えてくれる。店が空いている午前中に行こう。

REI
303 Lafayette St.
TEL: 212-680-1938
rei.com

必要なアイテム

①テント(1~2人用)


②寝袋、スリーピングマット(空気を入れるタイプ、スポンジ製の折り畳み式のものなど好みで選ぼう)

③コッヘル


④調理用ガスストーブ(小)

簡易ガスストーブでメシ作り。スウェーデンのプリムス社製がおすすめ

⑤バーナーライター(小)
⑥アルミホイル
⑦ランタン

癒し効果抜群のランタン、音もいい。写真はプリムス社のもの

⑧ソーラーパネルのチャージャー

電化製品を使うなら必須。自転車ライトの充電にも使える

⑨ハンモック

ごろりと横になるとああ極楽!

⑩ロープと洗濯バサミ(食料を吊るしたり、ぬれたものを干したりできる)
⑪バスタオル
⑫分厚い革製手袋(調理やたき火に)
⑬ガムテープ(テントの雨漏り防止に。たき火の種火起こしにも便利)
⑭多目的アーミーナイフ
⑮虫よけスプレー


その3食料を選ぶ

□袋麺(簡単に作れて、鍋の
まま食べられる)
□パックライス(サトウのごはんなど)
□レトルトカレー
□ソーセージとホットドック用パン
□野菜類
玉ネギ(スープやサラダに。常温で保存でき、硬いので運搬中に傷まない)、セロリとニンジン(スティック状にしてジップロックに入れる)
□水出し用麦茶
□マヨネーズ(常温で持ち歩け、炒めものをするときには油の代わりになる)
□みそ玉(みその中に顆粒だしと乾燥ワカメを練り込み、丸めてラップに包む。お湯を注げば出来上がり)
□塩、コショウ、しょうゆ、ケチャップ (ミニパックを普段から集めておこう)


その4キャンプ場到着

キャンプオフィスでチェックインを済ませ、地図や規則が書かれた紙などを受け取ってサイトへ。指定されたサイトが気に入らない場合は、勝手に移動せずに必ずオフィスに申し出ること。トイレや水道、売店、ごみ捨て場などの位置も確認しておこう。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1186

Black History Month 2023 黒人の歴史について学ぼう!!

米国史においてアフリカ系米国人が担った役割や功績を称える「黒人歴史月間」が来月から1カ月にわたり開催される。今週号は黒人の歴史や文化について学べるスポットや関連行事を紹介する。

Vol. 1185

~街歩き特集~お洒落なロングアイランドシティを開拓しよう!

近年開発が進み、ウォーターフロントには高層の高級アパートメントが立ち並び、話題のバーやレストランが点在するクイーンズのロングアイランドシティ(LIC)。住みやすい街とも言われる人気のLICの魅力に迫る!

Vol. 1184

特製おせち料理で新年を寿ぐ

新年を迎える節目に家族や大切な人と、縁起物が詰まったおせち料理で華やかにお祝いしたという人も多いでしょう。今回は、おせち商材の売れ行きや、在住者によるお正月の過ごし方&おせち料理などを紹介。